仮想通貨の取引は副業になる?会社にバレても問題ないの?

「仮想通貨(暗号資産)取引にチャレンジしたいけど副業NGの場合、会社にバレるとまずい?」「仮想通貨(暗号資産)に手を出したいけど、これは副業になるの?」と、仮想通貨(暗号資産)取引について疑問を持っている方は多くいるのではないでしょうか。そこで、会社において仮想通貨(暗号資産)取引は副業になり得るのか、さらに得た利益についてはどうすればいいのかという部分について、ご紹介していきます。

スマホ 副業?仮想通貨(暗号資産)投資がおすすめ!

今はなんでもスマホで解決できる時代。スマホ 副業を考えている方も多いのではないでしょうか。スマホで稼ぐための方法としては、仮想通貨の取引がおすすめです。

仮想通貨は、スマホにアプリを入れると、そこで簡単に売買ができるようになっています。また、仮想通貨の魅力はなんといっても価格変動の大きさ。実際にビットコインは、2020年で10月から1年で7倍まで上昇しています。つまり、ビットコインが上昇する直前でビットコインを保有していた人は、買った価格の7倍でビットコインを売却することができたということです。

仮想通貨(暗号資産)取引で得た利益は『確定申告』が必要

仮想通貨の取引で注意したいのは、稼いだ額によっては、確定申告が必要な場合があるということです。年間20万円を超えて副業をしてしまうと、確定申告しなければならなくなります。忘れてしまうと、さらに税金を追加されてしまう場合もあるため、超えないようにするか、普段から確定申告に向けて準備をすすめておくのがおすすめです。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの銘柄

仮想通貨 おすすめ銘柄は「ビットコイン(BTC)」や「イーサリアム(ETH)」、「リップル(XRP)」などが挙げられます。

ビットコイン

仮想通貨(暗号資産)でも代表的な通貨の1つです。ビットコインの魅力として、数ある仮想通貨銘柄の中で知名度や時価総額が最高水準であることが挙げられます。さらには、さまざまな仮想通貨取引所の基軸通貨に採用されているという魅力もあります。

仮想通貨(暗号資産)の中でも代表的な銘柄のため、初めて取引する初心者の方でも安心して購入しやすく、今後ビットコイン決済の普及も期待できます。

イーサリアム

時価総額が2番目に高い仮想通貨(暗号資産)です。イーサリアムの最大の特徴はスマートコントラクト機能が採用されていることです。スマートコントラクトとは、指定した条件を満たすことで、契約や業務を自動で行ってくれる機能です。そのため、既存の業務の効率化や不正の防止が可能であると言えるでしょう。

さらにイーサリアムには、ICOに利用できるという魅力もあります。ICOとは、新しい仮想通貨を発行することで事業資金を集める方法のことです。

リップル

Ripple社という明確な管理主体が存在することが特徴の仮想通貨(暗号資産)です。リップルの魅力としては、国際送金に適していることが挙げられます。銀行から国際送金を行った場合は着金まで数日かかりますが、リップルで国際送金を行うと数秒で着金が完了します。

また送金にかかる手数料についても、銀行間の送金に比べ安価です。そのため頻繁に国際送金を行う方については時間・費用ともにメリットのある通貨であると言えるでしょう。

またリップルは、総発行可能枚数をすべて発行済みであることから、リップル 今後の価格は上昇する可能性が高いと言えるでしょう。

まとめ

今回は、スマホですきま時間や空いている時間を利用して稼ぐことのできる方法として「仮想通貨」を紹介してきました。スマホで稼ぐ方法は仮想通貨以外にもまだまだたくさんあるので、自分に合った方法で稼ぎ、より充実した人生を送りましょう!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする