Sponsored Links

火星15号ミサイルの高度と価格(値段)?北朝鮮の重大報道の真相追究した!

火星15号ミサイルを2017年11月29日北朝鮮が発射しました。

火星15号とは?
価格っていくらぐらいなの?
高度ってどのくらいだったの?
飛距離は?
と疑問に思ったかもしれませんので、徹底検証してみました!

それと、北朝鮮が発表した【重大報道】とは一体なんだったのでしょうか?

Sponsored Links

火星15号ミサイルとは?

火星15(朝鮮語: 화성-15)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が開発した大陸間弾道ミサイル(ICBM)です。

11月29日、午前2時48分(同午前3時18分)、平壌郊外で発射されたミサイルが火星15号です。

防衛省と海上保安庁の発表によると、午前3時18分に発射され午前4時11分に日本海へ着水、53分間飛行したそうです。

水平距離として約1000kmを飛翔していたと予想されています。


2017年7月4日の日本時間9時39分頃に、北朝鮮が北西部・平安北道の亀城(クソン:구성)付近から弾道ミサイルを発射した火星14号よりも、戦術技術的能力で優れていると言われています。

さて、火星15号ミサイルの高度はどのくらいだったのでしょうか?

Sponsored Links

火星15号ミサイルの高度は?

火星15号は最大到達高度は4000km以上の極端な山なり軌道(ロフテッド軌道)とされています。

また韓国軍統合参謀本部の発表では水平距離960km・最大到達高度4500kmです。

さらに、これを基にしたアメリカの物理学者デビッド・ライト博士の分析では、通常軌道で発射した場合は射程1万3千kmに達しアメリカ東海岸に到達可能と推定されたようです。

アメリカ東海岸まで到達可能なミサイルを保持していることをアピールしたかったのでしょうか。

いまわかっていることは、これまで発射されたどの北朝鮮の弾道ミサイルのなかで最も高い性能を発揮したということです。


では、この火星15号の価格(値段)はいくらぐらいするのでしょうか?

Sponsored Links

火星15号ミサイルの価格(値段)は?

火星15号の価格(値段)ですが、公表はされておりませんので、あくまでも憶測ですが、、、

アメリカが過去に開発した【ピースキーパー】が約70億円と言われています。

またアメリカの現役のICBM大陸間弾道ミサイル【ミニットマン】が約8億円だそうです。

ピースキーパーは射程距離約1万4000キロメートル
ミニットマンは射程距離約1万キロメートル
なので、この火星15号はピースキーパーほどの価格(値段)をしている可能性もあります。


どこのそれだけの資金があるのか疑問ですが、、、

その北朝鮮は『重大報道』すると発表しました。

果たして、北朝鮮の『重大報道』とは一体なんだったのでしょうか?


北朝鮮の『重大報道』とは?

北朝鮮は11月29日午後0時半から『重大報道』をすると予告しました。

何事かと驚いた方もいらっしゃったかもしれませんが、、、、

北朝鮮は、昼12時30分に北朝鮮が重大報道を行い「新型ICBM火星15号の発射試験に成功した」と声明を発表しました。

これが『重大報道』の真相です。

周辺国の安全に影響はなかったようですが、日本は常に脅威にさらされている状態です。

日本政府として、どのような対応を示すのか、注目したいと思います。


最後まで、読んでいただきまして有難うございました。

関連記事

    None Found

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする