柴田祐介/蔀俊(しとみたかし)/佐志田英和/長谷川雅代が東須磨小の加害者教員の実名か?顔画像も流出!?

神戸市の東須磨小学校で、4人の教員による同僚教員に対するいじめが発覚し話題になっています。

なんとも胸くそ悪いですが、加害者の実名は報道されていません。

ネット上ではすでに、柴田祐介、蔀俊(しとみたかし)、佐志田英和、長谷川雅代の4人の名前が上がっています。

本当なのでしょうか?

どんな顔なのかも気になりますが、公開されているのでしょうか?

東須磨小学校いじめ問題とは?

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代教員4人が、同僚で30~40代の先輩教員4人に昨年から継続的に暴行や暴言を受けていた問題で、神戸新聞社は7日、被害に遭い、現在は療養している男性教員が激辛カレーを学校内で無理やり食べさせられている動画を、関係者から入手した。

 入手した動画は50秒間で、音声も入っている。関係者によると、昨年9月の放課後、校内で加害側の4人や被害を受けた男性教員以外の第三者が撮影したとみられる。

 動画には、加害側の男性教員が背後から羽交い締めにし、女性教員がスプーンですくった激辛カレーを、嫌がる男性教員の口に運ぶ様子が生々しく記録されている。男性教員は「ごめんなさい。辛いのは好きじゃないんです」とやめるよう訴えるが、加害側の男性教員は手をたたいて笑いながら「勝ったー。もらったー。もらいましたー」と叫び、女性教員に「早よ、早よ」と激辛カレーを口に運ぶよう促している。

 被害側の男性教員はあまりの辛さに目を見開き、辛さに耐えかねて室内を走り回っているように見える。同市教育委員会が4日に発表した内容では、一連の暴行や暴言に関わった加害側の教員は30代の男性3人と40代の女性1人としていたが、動画には、男性2人と女性2人が男性教員の様子を見ながら笑う様子が写っている。

 市教委の発表によると、教員4人が後輩の20代教員4人に対し、それぞれ無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者に性的なメッセージを送るよう強要したり、後輩教員の車の上に乗ったり、セクハラ行為をしたりするなどの暴行や暴言を繰り返していた。

 このうち精神的に不安定な状態となり、9月から休んで療養している男性教員について、市教委は「激辛カレーを無理やり食べさせられた」との訴えを把握。他の行為と併せて詳細を調査し、処分を検討している。男性教員側は刑事告訴を検討しているという。

出典元:https://www.kobe-np.co.jp(神戸新聞)

こんなことまでしていたようです。

これは完全にいじめなんてレベルではありませんよね。

おっしゃるとおり、犯罪行為です。

これが未来を背負う子どもたちの指導者と思うだけで、腹立たしくなり、悲しくなります。

さて、報道では加害者の実名は報道されていませんが、ネット上ではすでに柴田祐介、蔀俊(しとみたかし)、佐志田英和、長谷川雅代の4人の名前が上がってきています。

本当なのでしょうか?

柴田祐介/蔀俊(しとみたかし)/佐志田英和/長谷川雅代が東須磨小の加害者教員の実名か?

東須磨小学校のいじめ問題が発覚後、ネット上では4人の教員の名前がバクサイ、ガールズちゃんねる、ツイッターなどで上がってきています。

それがこちらの4人

柴田祐介
蔀俊(しとみたかし)
佐志田英和
長谷川雅代

匿名のネット上の情報ですので、確証があるとはいい切れません。

ただ、これだけすでに拡散もされ、多くの方が証言していることは事実です。

実際、この加害者4人に指導を受けていた、もしくは現在受けている生徒さんがいます。
そして来年入学を予定している生徒もいることでしょう。

その子どもたちや保護者や、この加害者のご家族のことを考えると、実名で報じるのはどうかと思います。
また私のような一個人が公開するのではなく、大手のメディアがすることだとも思います。

しかも確証があるとは言えない情報ですので、万が一誤っていたら、申し訳ないで済まないことになることもあるでしょう。

ですが、私は今回そのリスクは重々理解したうえで、実名を晒させていただきました。

万が一誤っていたら、謝罪します。

だったらお前が晒すな!と言われるかもしれませんが、今回の事件は今後の学校という在り方を考える一つのキッカケにしていただきたいと考えています。

加害者実名が間違っている可能性はありますが、東須磨小学校でこのような事件が起きたことは誰が見ても事実です。

もう二度とこのような事件を起こさないためにも、東須磨小学校の事件を書き記したいと思います。

このような考えの方もいるようですが・・・


それでは、柴田祐介/蔀俊(しとみたかし)/佐志田英和/長谷川雅代が東須磨小の加害者教員の顔画像も流出しているのでしょうか?

東須磨小の加害者教員の柴田祐介/蔀俊(しとみたかし)/佐志田英和/長谷川雅代の顔画像は?

こちらもすでにネット上で流出しています。

長谷川雅代

こちらの長谷川雅代に関しては、こんな情報もあります。

これは本当かどうか定かではありませんが、、、

続いて、柴田祐介

柴田祐介

蔀俊(しとみたかし)

佐志田英和

佐志田英和はまだ流出されていませんでした。

流出されましたら、アップいたします。

さて、加害者の教員は現在どのような処分を受けているのでしょうか?

東須磨小の加害者教員(柴田祐介/蔀俊(しとみたかし)/佐志田英和/長谷川雅代)の現在は?

東須磨小学校のいじめ加害者教師の現在はどのようになっているのでしょうか?

神戸市教育委員会によれば、現在は有給休暇中であると発表しています。

-ー実質、謹慎ということか。

「自宅謹慎という制度はなく、制度上は有給休暇を取らせている状況。(加害教員)本人から体調不良という申し立てはあるが、教壇には立てないということも含み置きのことだ」

ーー現在休んでいる被害教員は、職場復帰についてどう考えているのか。

「できるだけ早く復帰したいという意向を聞いている。いち早く復帰できるよう全力で支援していきたい」

出展:https://www.kobe-np.co.jp

いじめ=犯罪して、有給休暇ってはっきり言って意味がわかりません。

有給休暇なので、給料が出ているということですよね。

教員は公務員ですので、公務員の給料はいうなれば市民の税金から出ているということになります。

自宅謹慎という制度がないのも不可思議ですが、果たして東須磨小に通う生徒や通わせている保護者の方や関係者はどのように思っているのでしょうか?

制度がなければ変えたりすることが出来ないのはおかしいと思います。

神戸市立東須磨小学校とはどんな学校かを確認してみました。

神戸市立東須磨小学校とは?

神戸市立東須磨小学校はこんな学校です。

神戸市立(公立学校)
設立年月日:1880年11月11日
共学・別学:男女共学
所在地 〒654-0032
兵庫県神戸市須磨区堀池町1-2-1

Tel:078-731-0448
Fax:078-731-0449

〈アクセス〉
山陽電鉄東須磨駅南すぐ

2019年9月30日には運動会が行われたようですね。

画像出典:http://www2.kobe-c.ed.jp/hsm-es/(現在メンテナンス中)

この問題を把握していた学校の関係者はどんな気持ちで運動会をしたのでしょうか?

救いなのは、生徒さんたちが立派に運動会をされたことです。

この東須磨小学校はこんな立派ないじめ防止等にための基本的な方針を掲げていました。


出展;H31 改訂 神戸市立東須磨小学校いじめ防止等のための基本的な方針.pdf

看過していた教員もいたようですが、生徒を指導する前にすべきことがありますよね。

今電話しても使われていませんと
アナウンスが流れるようです。

確かに電話が殺到しているのかもしれませんが、逃げるのではなく、真摯に向き合うべきだと私は思います。

東須磨小学校のいじめ問題に関するネットの声

 

push7
push7
無料
posted withアプリーチ

まとめ(考察)

本当に腹立たしい事件が起きました。

動画を見るたびに胸が張り裂けそうです。

笑いながらカレーを食べさせているのには恐ろしさを感じます。


東須磨小学校に通わせている保護者の方の気持ちを考えると、非常に胸が痛いです。

子供を持つ親の立場から言わせていただく、こんな学校に我が子を預けたくありません。

こちらのかたも言っている通り、教員になるぐらいなので、試験や学校の成績は良かったのでしょう。



ただ、それだけで教員免許を与える時代は終わりにすべきだと考えます。

これからは人間性を見極める必要があると思います。

私の子供が通う学校の先生も、
「子供が好きで先生になったわけじゃないでしょう!
「消去法でなったんじゃないの?」
って方が残念ながらいます。

もちろん立派に教師の仕事を全うしている方もいますが・・・

子供が体育の授業で指を骨折したことを報告したら、
「大丈夫?」
の一言もなく、体育の授業で怪我したのは私には関係がない、
と心無い言葉を言われたこともあります。

この東須磨小学校の問題とは全く別の話ですが、お伝えしたいことは、本当に子供の教育指導をできるに値する人間なのかを見極めて教員免許を与えるような制度にする必要があるのではないかということです。



一個人がこんな事を言って変わるとは思っていません。

ただ学校という在り方を今一度見直していただきたいと切に願います。

被害に遭われた方やその関係者の心のケアもしていただきたいと思います。


最後まで読んでいただき有難うございました。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする