鈴木瑛美子の高校はどこ?袖ヶ浦で間違いなし!?出身中学と大学は?

あなたは鈴木瑛美子さんをご存じですか?


鈴木瑛美子さんをご存じなくてもこちらのCMはご覧になったことがあるかもしれません。



この歌を歌っているのが、現在高校生の鈴木瑛美子さんです。



鈴木瑛美子さんの高校はどこなのでしょうか?



千葉県の袖ヶ浦高校と言われていますが、本当でしょうか?



出身中学と、それから大学に進学するのか、気になって調べてみました。


Sponsored Links

鈴木瑛美子さんの高校はどこ?袖ヶ浦は本当!?

鈴木瑛美子の高校がどこなのか?について、ズバリ結論を先にいいますね。



『千葉県立袖ヶ浦高校』に間違いありません!



「本当!?」
と疑っている方もいらっしゃるかもしれませんね。



もちろん公表しているわけではなく、プロフィールに記載があるわけでもありません。



が、こちらのまずツイートが何よりの証拠!




袖ヶ浦高校の文化祭で演奏したときの動画が後輩によりツイートされたものです。



こちらは2015年6月にアップされたもの。



1999年生まれの鈴木瑛美子さんは2015年時点では、16歳なので、高校1年生。



えみこ先輩と呼んでいることから、ツイートしたのは中学時代の後輩ではないでしょうか。


それにしても、こんな声量の歌声を生で聴けて、袖高の文化祭に行かれた方はラッキーですよね。



羨ましい限りです。



他にも、袖バレと友達のツイートをリツイートしているものもありました。



また決定的なのが、鈴木瑛美子さんの制服が袖ヶ浦高校のものと一致したことです。



こちらが袖ヶ浦高校の制服。

http://cms1.chiba-c.ed.jp/sodeko



そして、こちらが鈴木瑛美子さんが着ている制服。




見づらいかもしれませんが、ネクタイが同じですよね。



ということで、鈴木瑛美子さんは袖ヶ浦高校に通っているらしい、、、
という曖昧な情報ではなく、鈴木瑛美子さんの高校は袖ヶ浦高校で間違いない
と断言させて頂きました。



しかもバレー部に所属していることまでわかっています。



鈴木瑛美子さんの高校が袖ヶ浦高校と判明したからといって、文化祭に押しかけたりバレー部が練習している体育館に見学に行ったり、するようなことは絶対にしないでください。



行きたい、ひと目見たい、という気持ちはわかります。



でも、そこはグッとこらえてくださいね。私も我慢しますので、、、



鈴木瑛美子さんが現在通っている高校は袖ヶ浦高校と判明しましたが、出身中学はどこなのかも気になりませんか?

Sponsored Links

鈴木瑛美子さんの出身中学はというと、、、

鈴木瑛美子さんの出身中学は比較的容易に見つけることが出来ました。



結論をいうと、『木更津市立波岡中学校』です。



2014年10月24日に木更津市立波岡中学校の文化祭で、当時中学校3年生の鈴木瑛美子さんが英語スピーチをされたときの動画が残っていました。




鈴木瑛美子さんは

2012年 君津地方中学校英語スピーチコンテスト 暗唱の部 優勝
2012年 千葉県中学校英語発表会 暗唱の部 第2位
2013年 千葉県中学校英語発表会 スピーチの部 第3位
2013年 第65回 高円寺杯全日本中学校英語弁論大会 千葉県代表

と英語のスピーチに関して受賞していました。


歌も上手い!
英語も上手!
って天は二物を与えずっていうのはウソなんでしょうかね。



しかも可愛い^ ^
ときたら、スター性ありますよね。



歌がうまいのは、もしかしてあなたもご存知かもしれませんが、家族の影響により幼少の頃から歌っていたからです。



ミュージカル俳優だった父親の智孝さんは、現在「スギモト・ミュージカル・ファクトリー」という会社を立ち上げて、そこの主宰兼代表で、講師もされています。



鈴木瑛美子さんが歌うことが好きになったのはとても自然なことだったのでしょうね。



母親の恵子さん、3才上の姉の梨紗子さんとともに家でもガチで歌っているようです。


5歳の頃から歌い始め、「スギモト☆ファミリー」の一員として舞台になっていたそうですね。



得意ジャンルは、ゴスペル。



2015年に行われた全国ゴスペルコンテスト【ゴスペル甲子園2015】 のボーカル部門で優勝しています。




その時の動画はコチラ!



そして、鈴木瑛美子さんが一躍脚光を浴びるようになったのは、この時です。


ご覧になっていない方はまずは鈴木瑛美子さんの歌声を聴いてください。




2016年9月30日にテレビ朝日系列で放送された『関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦』に出演した鈴木瑛美子さん。



この時はSuperflyの『愛をこめて花束を』を歌いました。



惜しくもカラオケ女王の新妻聖子さんに準決勝で敗れたものの、プロ顔負けの声量で視聴者に強烈なインパクトを残しました。



この鈴木瑛美子さんの歌声を聴いて、魅了された一人です。



予選も含め、
『また逢う日まで』尾崎紀世彦
『I believe』絢香
『YELL』いきものがかり
『あなたに逢いたくて』松田聖子
『愛をこめて花束を』Superfly
『ひまわりの約束』秦基博
の6曲を披露してくれました。



どの曲もパワフルボイスでオリジナルの歌を超越し、自分の歌として歌い上げていましたね。



ちなみにこちらが本家のSuperflyの『愛をこめて花束を』です。




本家を越えてませんかね?言い過ぎですか?


番組で森公美子さんのアングリした顔がとても印象的でした。



しかも、

どうやったらあの声出るの?発声教えて

と真顔で聞いてましたね。



また、あの世界のバイオリニストの葉加瀬太郎さんが感動して涙を拭っていました。



なんといっても、歌うことを楽しんでいることがこちらに伝わってきますよね。



歌うことが心の底から好きなんだな、と感じます。



そんな鈴木瑛美子さんは2017年には高校3年生になります。



高校卒業後果たして、大学に進学はするのでしょうか?


Sponsored Links

鈴木瑛美子さんは大学進学するのか?

鈴木瑛美子さんには、いろんな選択肢があるかと思います。



音楽系の大学に進学する


プロのアンティストとして活動する(すでにされていますが、、、)

アメリカに渡り、ゴスペルを極める

などなど。



鈴木瑛美子さんの可能性は無限大です。



日本の歌手という枠にとどまってほしくない、
というのが個人的な願いです。



鈴木瑛美子さんなら日本を飛び出して海外で活躍できます。



そんな世界的なアーティストになってもらいたいです。


というか、鈴木瑛美子さんならきっとなれるはず。



期待したいと思いますが、最後に湖池屋ポテトチップスのCMが
不快で怖いとかうるさすぎとか言っている方がいらっしゃるようです。



私はあまり他人を批判するようなことはしませんが、久々に腹立たしい想いをしました。


鈴木瑛美子さんの歌が不快で怖い!?



ごめんなさい、もう一度言っていただけますか?
って感じなんですが。。。



確かに、湖池屋のCMの鈴木瑛美子さんは鬼気迫るものがあります。



だから怖いと思うのかもしれませんが、それだけ歌を真剣に考えているということではないですか?



湖池屋 KOIKEYA PRIDE POTATO 「100% SONG」のCM&MV メイキング動画ご覧になりましたか?



歌っているときの真剣な表情とは反対で、それ以外は子どものようにロケを楽しんでいます。



曲名が「100% SONG」だからこそ、100%の力を込めて、歌ったのでしょう。



なので、「不快で怖い」というかたには、 
「どこ見てんの!」
と私のほうが不快に思ってしまいます。



もっと鈴木瑛美子さんの本質を見ていただきたいなと思います。



こちらが、湖池屋 KOIKEYA PRIDE POTATO CM曲「100% SONG」のMUSIC VIDEOです。



普通、CM曲のMUSIC VIDEOなんて作らないですよね。



それほど、魅力的だったってことでしょうね。





1人で熱くなってすいませんでした。


とにかく鈴木瑛美子さんは、これからさらに注目され、スターダムに上がってくることでしょう。



なので、今からチェックしておいてくださいね。



鈴木瑛美子さんのプロフィールを最後にご紹介しておきます。


名前:鈴木瑛美子(すずきえみこ)
生年月日:1999年5月16日(現在17歳)
高校:袖ヶ浦高校2年生
出身地:千葉県
特技:ゴスペル・英語
所属:スギモト☆ファミリー



今の夢は、東京オリンピックで歌声を披露することだそうです。


世界に、鈴木瑛美子さんの歌声をぜひ聴かせてほしいと思います。



私は、そんな鈴木瑛美子さんを産んでくれたご両親に感謝したいです。



産んでくれたことへの感謝はもちろん、鈴木瑛美子さんの才能をココまで広げてくれたことに。。。



誰もが持って生まれた無限大の可能性をどこまで拡げられるかは、本人の努力もありますが、親のバックアップもありますからね。



鈴木瑛美子さんがどこまで才能を拡げていくのか、ずっと見守り続けたいと思います。



最後まで読んで頂きまして有難うございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Links

シェアする

フォローする