紅蘭(くらん)のタトゥーに弟(画像)!?弟の死因は何?草刈正雄の娘の母親は?

紅蘭さんは
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、
草刈正雄さんの長女です。




その紅蘭さんの脚には
タトゥーがあることを
ご存知でしょうか?



そのタトゥーに
隠された秘密とは。。。



その秘密には、

亡くなった弟が関係しているようです。




なぜ亡くなってしまったのでしょう?



それと俳優草刈正雄さんの娘紅蘭さんの
「母親は誰?」

なんて疑問に思いませんでしたか?



紅蘭さんのぶっとび仰天エピソードも
ご紹介いたします。


Sponsored Links

紅蘭(くらん)さんのタトゥーの秘密とは?

紅蘭
って「こうらん」ではなくて、
「くらん」って読むんですね。



危うく間違えるところでした。。。




まずは、紅蘭(くらん)さんの
プロフィールをご紹介しておきますね。

名前(本名):草刈紅蘭(くさかり くらん)
芸名:紅蘭(くらん)
生年月日:1989年8月30日(現在27歳)
出身地:東京都
職業:タレント、ダンサー
所属:バービィオフィス




紅蘭さんのタトゥーの画像はコチラ!


右脚に入っているタトゥーが見えますでしょうか?



誰かの顔に見えませんか?



このタトゥーは
紅蘭さんの弟の顔だそうです。



ではなぜ、弟の顔を
脚のタトゥーに入れたのでしょうか?



それが弟の雄士さんが
すでに亡くなられているようです。



その死因とは?


Sponsored Links

紅蘭さんの弟雄士さんの死因はなに?

2015年2月15日、23歳の若さで
亡くなってしまいました。




雄士さんは、
『OKAMOTO’S』の前バンドと言われている
『ズットズレテルズ』のメンバーで
音楽活動をされていた元ラッパーです。



個人事務所前の路上で倒れていた雄士さんは
病院に運ばれましたが、
息を引き取ってしまったそうです。




では、なぜ路上に倒れていたのかというと、、、



マンション7階にある個人事務所に
泊まり込んでいた雄士さんは、
誤って転落したと見られています。



柵がない窓を開けて窓辺に腰掛けていて、
誤って転落。




ベランダの手すりの一部に
しがみつこうとした跡もあったそうです。



不慮の事故としか言いようがないですが、
一方では、躁うつ病(双極性障害)との噂もあり、
自ら命を絶ったのでは?
という情報もあるようです。



雄士さんが亡くなったことは
姉の紅蘭さんはかなりショックを受けたみたいですね。




関係者いわく

「長女の紅蘭ちゃんはショックが大きく体調を崩すほどでした。
彼女は傷心を癒すため、雄士くんが大好きだったニューヨークに行き、
右足に雄士くんの顔と“大好きな弟、永遠に”という意味の文字の入れ墨を彫った。正雄さんは当初、“入れ墨は仕事の幅を狭める”と怒りましたが、最終的には姉の愛情表現を許しました」

だそうです。

出典:http://news.livedoor.com/



真相はいまだ謎です。




ただ、草刈正雄さんや草刈紅蘭さんの
心にはいまも雄士さんは
生きていることでしょう。




さて、紅蘭さんや雄士さんの母親
つまり、草刈正雄さんの嫁は誰なんでしょう?



紅蘭さんの母親は誰?

草刈家はこんな感じです。

父:草刈正雄さん(俳優)
母:大塚悦子(元モデル)
長女:紅蘭さん(ダンサー)
長男:雄士さん(元ラッパー)
次女:麻有さん(女優)




そして、こちらが紅蘭さんの母親(草刈正雄さんの嫁)の
大塚悦子さんです。




元モデルだけあって美人ですよね。

https://love-all.jp/




草刈正雄さんと大塚悦子さんはドラマ
「華麗なる刑事」での共演でしたことを
きっかけに交際に発展したようです。



こちらは紅蘭さんと草刈正雄さん共演の
珍しいCM動画です。



そんな芸能一家で育った紅蘭さんは
かなりぶっ飛んでいます。


Sponsored Links

紅蘭さんの仰天ぶっとびエピソードは?

紅蘭さんには数々のぶっ飛びエピソードが

あります。



主なエピソードはコチラ!

・小学校には毛皮でランドセルで通っていた

・16歳でLAにダンス留学に行く直前まで父にナイショだった。
「父に言ったら絶対に反対されるので、留学に行く前日にバレるまでは父に内緒にしていました」

・父に知らせず、部屋にポールダンスするためのポールを立てた
(それを知らなかった草刈は、娘の部屋を開けるとポールが立っているのを見つけてびっくりしたみたいですね)

・ラーメンショップがあることを知らなかった

出典:https://mdpr.jp



小学校時代は、真っ赤の毛皮のコートを
着て通っていたようです。



今もかなりぶっ飛んでますが、
昔からかなりぶっ飛んでいたようですね。



ぶっ飛んでいても
家族愛を持っている紅蘭さん。




愛情たっぷりに
育てられたんでしょうね。




これからも吹っ飛びまくって
私たちを楽しませてもらいたいです。




最後まで読んで頂きまして
有難うございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする