DAZN(ダゾーン)の3つのデメリットとは?解約(退会)方法と解約できない場合に確認することは?

期間限定情報

▼DAZNは今なら2ヶ月無料!登録はこちら▼


 

「DAZN(ダゾーン)がいいのはわかっているから入会しようと思っているけど、どうしようかな?」
と迷っていませんか?

そこで、DAZNの3つのデメリットをご紹介します。

また解約(退会)ってすぐにできるの?
と気になっているかもしれませんので、解約(退会)方法を案内します。

それと、解約(退会)できない場合に確認することをお伝えします。

DAZNの3つのデメリット

DAZNデメリットを3つお伝えしてます。

DAZNのデメリット その1)

映像がくるくることがある。

私もDAZNでサッカーや野球をよく見ますが、たしかに画面がよくくるくるして止まってしまうことがあります。

リアルタイムで配信しているので、致し方がないかと思いますが、見ているときにくるくるすると、嫌にになりますよね。

ただWi-Fi環境があまりよくなかったり、電波が入りづらかったり、していることが要因の場合があります。

一度あなたの通信速度をチェックしてみて下さい。

通信速度チェックはこちら!

速度測定を押すと、あなたの通信速度をチェックできます。

こちらの推定転送速度をご覧ください。

私の場合は、23.43Mbpsですね。

DAZNが推奨するインターネット環境はこのようになっています。

8.0Mbpsが望ましいということですね。
もしあなたがそれ以下の場合は、観ることはできますが、くるくると止まってしまう場合があります。

また、インターネットの速度は時間や込み具合によって異なりますので、くるくる止まることがDAZNだけの問題ではないことは頭に入れておいて下さい。

DAZNのデメリット その2)

画質があまりよくないことがある

という声が上がっています。


ただ、一方でこんな声もあるので、見る環境によって変わるようです。

くるくる止まることにも通じますが、画質の粗さもDAZN側は十分に把握しているようです。

常に改善しているようですの、気長に待ったほうがよろしいかと思います。


ただ私もDAZNを契約していますが、そこまで気にならないレベルかと思いますが、、、

DAZNのデメリット その3)

録画・ダウンロードできない

一部のユーザーでは、すでにダウンロード機能ができますが、まだ




一方で、まだダウンロード機能ができないユーザーもいるようです。

見逃し配信があるので、ダウンロードや録画は必要ないと思いますが、それでもネットが繋がらないところで見たいという方も中にはいるかと思います。

DAZNの録画ですが、スマホであればアプリ、PCであればフリーソフトを使えば可能です。

ただ、原則DAZNは録画を許可していません。

なので、録画する場合は、自己責任でお願いいたします。

以上がDAZNのデメリットですが、DAZNでしか配信されない番組があります。

コパアメリカ2019
Jリーグ(J1,J2,J3)全試合

リーガ・エスパニョーラ(スペイン)を含めた
ブンデスリーガ(ドイツ)
セリエA(イタリア)
リーグ・アン(フランス)
といったヨーロッパサッカーの5大リーグを視聴できるのはDAZN(ダ・ゾーン)だけです。

香川真司選手と長友佑都選手が所属するトルコリーグ「スュペル・リグ」を見られるのはDAZNだけです。
ちなみに、プレミアリーグ(イングランド)も2019年8月からDAZNで視聴できるようになります。

サッカーファンならたまらないですよね。


DAZN(ダ・ゾーン)はもちろん、サッカーだけではありません。

メジャーリーグ、プロ野球の野球も充実しています。

エンゼルスの大谷翔平選手はもちろん、ダルビッシュ有投手や、田中将大投手の試合も観ることが出来ます。

大谷翔平選手と田中将大選手の直接対決なんて見逃したくないですよね。


また日本プロ野球の試合も配信しています。
プロ野球の地上波テレビ中継も最近はかなり減りましたからね。
観たい試合をいつでも観られるって幸せですよね。


それ以外でも、錦織圭選手や大坂なおみ選手が出場するテニスの試合や、ゴルフ、さらにはF1、ジロデイタリアなどの自転車競技ロードレースなど、多種多様なスポーツを放送しているのがコチラのDAZN(ダ・ゾーン)です。



それに、DAZN(ダ・ゾーン)は、スカパーのように、BS内蔵のTVチューナーだったり、CS対応のアンテナが必要は一切ありません。

またケーブルテレビの契約も一切必要ありません。

コチラのネット配信のDAZN(ダ・ゾーン)は登録後、すぐに視聴できます。


「解約ってすぐに出来るの?」
と気になっている方もいるかと思いますので、解約(退会)方法をご案内いたします。

解約されたくないので、解約方法が分かりづらい動画配信サービスもありますよね。

ご安心下さい、DAZN(ダ・ゾーン)は解約も非常に簡単にできます。

期間限定情報

▼DAZNは今なら2ヶ月無料!登録はこちら▼


 

DAZN(ダゾーン)の無料体験中にスマホから解約・退会する方法は?

DAZN(ダゾーン)のアプリを開いた後、その他を押します。

DAZN


その後、マイ・アカウントを押すと、ブラウザが開いて、ログイン画面になります。
DAZN


DAZN(ドコモ会員はdアカウント)を押すと、メールアドレス・パスワードを入力して、マイ・アカウントを進むを押して、ログインします。

DAZN


ちょっと下に行くと、退会するを押して、

DAZN


退会理由を選んで、もう一度退会するを押せば、解約できます。

DAZN



簡単ですよね^^

念のために、登録方法もお伝えしておきます。
登録も1分程度でおわります。

DAZN(ダ・ゾーン)の登録方法は?

このようにDAZN公式サイトの1ヶ月お試し¥0!かんたん申込をポチッと押して、メールアドレス、お名前を登録後、支払い方法を入力するだけですから。(実際こちらの画像をポチッと押せば、DAZN(ダゾーン)のサイトをご覧いただけます)

DAZN


DAZN


DAZN


入力した支払い方法で、登録した1ヶ月後(キャンペーン期間中は2ヶ月後)に、費用が発生しますので、もし解約されるなら忘れないでくださいね。

だからDAZN(ダ・ゾーン)に登録し1ヶ月無料(キャンペーン時は2ヶ月無料)体験してみて、
「お金払ってまでも観る価値ないな」
とか
「好きなもの以外は観るものないな」
とか
「どうも使いづらいな」
とか感じられた場合は、解約すればいいのでは。。。
と思います。

個人的には、月額料金を払う価値は十分にあると思いますよ。

なので、
コパアメリカ2019
Jリーグ(J1,J2,J3)全試合
プレミアリーグ(イングランド)
UEFAチャンピオンズリーグ
UEFAヨーロッパリーグ
リーグアン(フランス)
スュペル・リグ(トルコ)
ラ・リーガ サンタンデール(スペイン)
セリエA TIM(イタリア)
コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)
FAカップ(イングランド・カップ戦)
DFBポカール(ドイツ・カップ戦)
クープ・ドゥ・フランス(フランス・カップ戦)
テュルキエ・クパス(トルコ・カップ戦)
Aリーグ(オーストラリア)
エールディヴィジ(オランダ)
コチラのDAZN(ダ・ゾーン)でしか見れません。

それと、DAZNは解約(退会)手続き後でもコンテンツを視聴できます。

そのため、実際には解約・退会手続きが完了しているのにもかかわらず
「解約(退会)できてないのでは?」と勘違いしている方がいらっしゃるようです。

期間限定情報

▼DAZNは今なら2ヶ月無料!登録はこちら▼


 

解約(退会)できない場合に確認すべきこととは?

先程もお伝えしたとおり、、DAZNは解約(退会)手続き後でもコンテンツを視聴できます。
解約(退会)しても、無料期間内であれば視聴できるからです。

解約(退会)した日から視聴できなくなるわけではありません。

だから、「本当に解約(退会)できたの?」
と疑問に思う方がいらっしゃるようです。

その場合は、DAZNからのメールを確認するようにして下さい。

解約(退会)手続きが完了していれば、DAZNからメールが届いています。

「解約(退会)できてないのでは?」
と不安になったら、登録アドレスの受信トレイをチェックしましょう。

もしくは、DAZNのログインページ「マイアカウント」からも登録内容を確認することができます。

DAZNにログイン後、マイアカウントページ内のDAZN登録情報から下にスクロールすると【アカウントステータス】があります。

そこに退会手続きが完了されていれば、【退会済み】と表示されます。

解約(退会)手続きが完了しているということになります。

【退会済み】になっていない場合は、
「手続きの操作途中に中断して長い時間操作しなかった」
「解約・退会が完了した表示を確認せずに終了させてしまった」
「電波の悪い状況で手続きをした」
が原因で解約(退会)がされていないかもしれません。

もう一度解約(退会)手続きしてください。

どうしても、解約(退会)できない場合はDAZNのカスタマーサービスに問い合わせてみてください。

丁寧に対応いただけます。

 

push7
push7
無料
posted withアプリーチ

DAZN(ダゾーン)のデメリットまとめ

DAZN(ダゾーン)のデメリットを3つご紹介しましたが、ここで整理しておきます。

DAZNのデメリット その1)

映像がくるくることがある。

DAZNのデメリット その2)

画質があまりよくないことがある

DAZNのデメリット その3)

録画・ダウンロードできない

3つのデメリットがありますが、DAZNを愛用しているものからいうと、この3つのデメリットがあるからDAZNに登録しないのは正直もったいないです。

リアルタイムの興奮に勝るものはありません。

DAZNはスマホやタブレットでも観られます

電車での通勤時間や移動時間、またスタバでの休憩時間、風呂に浸かっている時間、ベッドやソファでゆったりしている時間に、生でしか味わえない興奮を楽しめるのがDAZN(ダゾーン)です。

近年、地上波ではなかなか見れなくなってきました。

地上波は地上波ならではの楽しみ方があります。

でも、放映権やスポンサーとの関係があり、今後も地上波での放映が少なくなることでしょう。

地上波でしか見れない時代は終焉を迎えています。

今まで地上波のみで視聴していたのであれば、ネット通信による動画サイトへの登録は抵抗があるかもしれませんね。

それは非常に理解できます。

けれど、地上波へのこだわりで人生の楽しみを一つ失くすのはもったいなくないでしょうか?

なんて難しいことは考えずシンプルに考えると、、、
地上波で視聴できないなら、DAZN(ダゾーン)に登録して観る。

3つのデメリットはありますが、無料期間がありますので、試してみればいいのでは?と思います。

3つのデメリットが課金する価値なしと判断したなら、解約(退会)すればいいだけです。

解約(退会)の手続きは1分で終わりますので、無料期間が終わる前にかならず解約(退会)手続きして下さい。

無料期間に解約(退会)すれば、あなたの財布は1円も失うことはありませんので、気軽な気持ちでこちらから登録してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

期間限定情報

▼DAZNは今なら2ヶ月無料!登録はこちら▼


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする