エアジャム2016 レポート感想まとめ!ONE OK ROCK taka 激怒3つの理由

エアジャム2016が2012年以来およそ4年ぶりに2016年12月23日に福岡・福岡 ヤフオク!ドームで行われましたね。


Hi-STANDARD主催のライブイベント「AIR JAM 2016」には、
約3万6000人の観客が集まり、盛り上がりを見せたようです。


実は筆者も行こうとしたのですが、行けなかったので、
雰囲気だけでも味わいたく、観に行った方々のレポートや感想をまとめてみました。



ただ、気になるのはONE OK ROCK(ワンオクロック)のボーカルであるTakaが激怒していることです。



どうやらこれには3つの理由が考えられるようです。



ONE OK ROCKのTakaが激怒したと言われる3つの理由とは一体なんなのでしょうか?


スポンサーリンク


エアジャム2016のレポート&感想まとめ!

まずはエアジャム2016はこんな盛り上がりを見せたようですね。


やっぱり行きたかったな。

AIRJAM2016。色んな事があり過ぎてとにかくフワフワしてましたw夢から覚めた感ハンパないですwクッソ楽しかったです!!AIRJAM2016オフィシャルスチールカメラマンズの深野ちゃん、半ちゃん、ジョンくん、カズローくん、裕二。バンドオフィシャルスチールカメラマンズのツカサ氏救世主メシア、ヒャッフー先生塁くん、ハヤチンさんもお疲れ様でした??あとレッドブル写真展を見てくれた方々、ありがとうございました???ちょくちょく見に行きましたが、行列が出来てて嬉しかったです??2017年2月5日に東京のレッドブルスタジオ(ANOTHER STARTING LINEをレコーディングした場所??)でアンコール展示するみたいなんで、お時間ある方は是非に?????雪演出、綺麗だったなぁ?。

Teppei Kishidaさん(@teppeikishida)が投稿した写真 –




出演アーティストをさらっと紹介しておきます。



まずは主催者のHi-STANDARD(ハイスタ)
そしてONE OK ROCK(ワンオク)
MAN WITH A MISSION(マンウィズ)
それから10-FEET
TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA(東京スカパラダイスオーケストラ)
BRAHMAN(ブラフマン)
Crossfaith
WANIMA
HEY-SMITH
The BONEZ
HAWAIIAN6
とそうそうたるメンバーが出演されました。



開演前にはハイスタのボーカルである難波章浩さんが登場。し、注意事項などをアナウンスしたのち「思い切って楽しんで! AIR JAM 2016!」と声をかけ、開幕しました。


トップバッターはWANIMA
次に登場したのがThe BONEZ。



徐々に盛り上がりを見せてきたところで登場したのが
東京スカパラダイスオーケストラ。



ハイスタのKen Yokoyamaさんも加わり、最高のパフォーマンスで観客は超盛り上がり。



CrossfaithとHAWAIIAN6とHEY-SMITHと次々にステージに登場し観客を魅了



終盤に入ったところで、登場したのが、BRAHMAN



女優りょうの旦那である、ボーカルのTOSHI-LOWさんは
12曲を熱唱。



筆者は実は、この前このTOSHI-LOWと狼バンドで知られているMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)のボーカルであるTokyo-Tanaka(東京タナカ)さんとのトークショーを観に行ってきたんです。



うちの奥さんと一緒に、デートしてきました^^



究極の生命体のマンウィズのTokyo-Tanakaさんは人間の言葉を話せません。



なのに、トークショー!?

tokyotanaka-talkshow


かなり面白かったです!!!



話が脱線してしまい失礼しました。



というのも、BRAHMAN(ブラフマン)の次に登場したのが
MAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)。



10-FEETのTAKUMAさんを呼び込みコラボで、「database」を披露



盛り上がりを見せてきたところで登場したのが、
ONE OK ROCK(ワンオクロック)


スポンサーリンク


今や世界的人気バンドとなっているONE OK ROCK(ワンオク)



セットリスト(セトリ)はこちら

3xxxv5
Take meto the top
Cry out
Taking Off
Clock Strikes
The Beginning
Mighty Long Fall (feat. Koie)
完全感覚Dreamer



「Clock Strikes」のときには、Takaが先導してスマホのライトを観客皆で点けたようですね。


2年前の横浜スタジアムのライブに行った時も
Be the lightで同じことをしました。


スマホの明かりって素敵ですよね。

AIRJAM 2016 @oneokrockofficial

Takaさん(@10969taka)が投稿した動画 –


※音量出ますので、ご注意ください。


Mighty Long Fallでは、CrossfaithのKoieとのコラボで
『Don’t go』のシャウト合戦が行われたようです。

@ruihashimoto

Takaさん(@10969taka)が投稿した写真 –



ONE OK ROCK(ワンオク)が終わった後に、10-FEETが登場。



観客がテンションMAXになったところで最後に登場したのが主催者のHi-STANDARD(ハイスタ)



14曲を熱唱した後、アンコールで3曲



なんと、妖怪ウォッチのコマさんまで登場したとか(笑)



エアジャム2016は笑いあり、感動あり、熱狂ありの最高のステージだったようです。




こちらにエアジャム2016の全アーティストのセトリが掲載されています。

http://setlist.mx/events/38837



ただ、少々後味が悪い点もあったようです。



ONE OK ROCKのtakaがライブ終了後激怒していたというのです。



どうやらそれには3つの理由があったようです。


スポンサーリンク


ONE OK ROCKのtakaが激怒した3つの理由とは?

ONE OK ROCKのTakaがライブ終了後にこんなことをインスタにアップしました。



Takaが激怒したといわれている3つの理由は
1つに、AIRJAMの会場からワンオクのライブをツイキャスで生放送したからというのもの。





ライブに行けなかった方にとっては、嬉しいかもしれませんが、
ライブに行った方たちにとっては、ルール違反ですよね。


マナーは考えてもらいたいところです。


2つ目に、ONE OK ROCKのライブ終了後に主催者であるHi-STANDARD(ハイスタ)のステージを見ずに帰ったから。



ただ、コレに対して、Hi-STANDARD(ハイスタ)の難波章浩さんは、このようにツイートしています。




ワンマンライブではなく、複数のバンドのステージを楽しむのがフェスの醍醐味。


Takaが怒るのも無理はないですが、、、



難波章浩さんの神対応に尊敬しますね。


最後に、音響がどうもよろしくなかったようです。

こんな書き込みもありました。

音響マジで最悪過ぎだろ
ヤフオクドームは初めてだけどあれがデフォなの?



ですが、takaは音響や他人のせいになんかしてません。



そこがtakaたる所以なのでしょう。



起きたこと全てが自分の責任。



とはいえ、最後にインスタでtakaはこんなことを言っています。

俺らは俺らの道を行きます!goingmywayで!ONEOKROCKはこんなもんじゃないから!ただ僕らも人間です



他にもTakaの服を引っ張ったとか、曲の途中に手拍子を入れたとかの情報はあります。



takaも人ですし、観客も人。



つまり心がありますので、思いやりの心を一人ひとりがいまより1%でも持てば、もっといい世界になるんだろうな、、、
とエアジャム2016をまとめていて、感じました。



次回こそ、エアジャム行くぞ!



最後まで読んで頂きまして有難うございました。

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. ユレユレ より:

    ワンオク痛烈に叩かれましたが、他のフェスではちょっとみたこともない事態です。マナー違反云々はもとより、まずフェス会場でのハイスタ世代の冷酷な「やってみろ感」は凄かった。あの空気を目の当たりにして、元々アウエイ感の強いワンオクはリアルな疎外感となって、相当やりにくかったと思う。今までの他のフェスではありえないこと。エアジャム世代のファンは満足している印象だけど、若い世代にとってやはり出る杭は打たれるという古臭い空気にさらされた、後味の悪いフェスになった。

    • 5w1hjp より:

      ご訪問&コメント有難うございます。 
       
      貴重な情報に感謝いたします。 
      ワンオクは世代を越えてる気がしますけどね。 
      やっぱりワンオクには日本は狭すぎるのかもしれませんね。 
       
      また時間あればお立ち寄りください。
      有難うございました。