Sponsored Links

ロシアワールドカップ(W杯)2018のイケメン選手ランキングベスト10は?男前監督と審判は誰?

ロシアワールドカップがいよいよ開幕しました!
ワールドカップでプレー以外に注目すべきは、イケメン選手ですね!
サッカーにあまり興味のない方、女性の方は特に気になるのではないでしょうか?

そこで、ロシアワールドカップに出場している注目のイケメン選手ランキングベスト10を勝手に選びました。
あなたのイケメンランキングと比較してみてくださいね。

それと男前監督審判もいましたが、気になった方もいらっしゃったのではないですか?

Sponsored Links

ロシアワールドカップ(W杯)2018のイケメン選手ランキングベスト10!

ロシアワールドカップ出場国の中から注目のイケメン10選手をご紹介します。
果たして、No.1は誰になるのでしょうか!?

10.エクトル・モレーノ(メキシコ)

画像出典:
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2018/02/9a0bf14e487dbe710c6cdedd81d17434-800×533.jpg
所属:レアル・ソシエダ(スペイン)

メキシコ代表の主将であり、守備の要となる選手。
まさにメキシコ代表を支える柱のような存在です。

現在30歳で、3回目のワールドカップ出場となる経験豊富な選手です。

今大会ではグループステージで前回王者のドイツ代表を撃破するなど、素晴らしい活躍を見せています。

9.ダビド・シルバ(スペイン)


画像出典:https://www.soccer-king.jp/
所属:マンチェスター・シティ(イングランド)

スペインが誇るファンタジスタ。
ワールドカップ出場は今大会で3回目となり、
32歳となった今もスペイン代表の攻撃の核として活躍しています。

欧州予選ではチーム最多タイの5得点を記録するなど、その決定力の高さにも注目です。

昔は爽やか系のイケメンでしたが、近年はワイルドな雰囲気が漂う選手になっています。

8.エディソン・カバーニ(ウルグアイ)


画像出典:http://s.eximg.jp/exnews/
所属:パリSG(フランス)

南米予選のトップスコアラー。
さらに、フランスリーグでも2年連続得点王に輝いた世界屈指のストライカーです。

ワールドカップでは得点王候補の一人として注目されています。

188cmの高身長と、トレードマークのロングヘアがポイントですね。

7.リュカ・エルナンデス(フランス)


画像出典:https://www.soccer-king.jp/
所属:アトレティコ・マドリー(スペイン)

フランスやスペインで活躍した元サッカー選手の父を持ち、サッカー一家で育ちました。
弟のテオ・エルナンデスはレアル・マドリー(スペイン)に所属しています。

アトレティコ・マドリーではSBやCBをこなし、EL優勝に貢献しました。

フランス代表初選出ということもあり、日本ではあまり知られていないイケメン選手かもしれませんね。

6.シモン・ケアー(デンマーク)


画像出典:https://www.soccer-king.jp/
所属:セビージャ(スペイン)

ディフェンスリーダーとして最終ラインを統率し、キャプテンとしてチームを束ねるデンマーク代表の絶対的選手。

日本代表と対戦した2010年南アフリカ大会のメンバーにも選ばれていました。

190cmを超える身長とルックスの良さはピッチ内外で注目の的となっています。

Sponsored Links

5.アンドレ・シウバ(ポルトガル)


画像出典:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/
所属:ミラン(イタリア)

22歳ながら、欧州予選では10試合9得点と大活躍。
C・ロナウドのパートナーとして活躍が期待される、今大会のブレイク候補の一人です。

太い眉と堀の深い顔立ちにあどけなさが残ります。

4.マルコ・ロイス(ドイツ)


画像出典:http://www.skysports.com/
所属:ドルトムント(ドイツ)

所属チームのドルトムントでは香川真司選手と息の合ったプレーを見せていますね。
ユース時代からドルトムントで育った「ドルトムントの顔」と言っていい存在です。

怪我に泣かされ続けた“ガラスのエース”がついにワールドカップ初出場です。

顔立ちだけでなく、髪形も特徴的でかっこいいですね。

さて、トップ3はというと、、、

Sponsored Links

3.クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)


画像出典:https://rpr.c.yimg.jp/
所属:レアル・マドリー(スペイン)

サッカーはわからないけどこの人は知ってる!という方も多いのではないでしょうか?

言わずと知れた世界屈指のストライカーであり、イケメン選手。
今大会の初戦スペイン戦では、ハットトリックを決めるなどその実力を存分に発揮しています。

整った顔と鍛え上げられた肉体美に注目です。

2.アントワーヌ・グリエーズマン(フランス)


画像出典:https://img.qoly.jp/
所属:アトレティコ・マドリー(スペイン)

スペインの強豪アトレティコ・マドリーで活躍するフランス代表のエース。
その得点力と、独特なゴールパフォーマンスに注目です。

髪型がよく変わりますが、どれも似合っていて素敵ですね。

彼が本来の力を発揮できれば、ワールドカップ優勝も見えてくるのではないでしょうか。

1.ハメス・ロドリゲス(コロンビア)


画像出典:http://famoussoccerplayers2014.weebly.com/
所属:バイエルン(ドイツ)

日本でもおなじみのこの選手。
その左足から繰り出されるパスやシュートは相手にとって脅威となるでしょう。

得点王となった前回大会に続き、今大会も大活躍が期待されます。

その甘いルックスは世界中のファンを虜にしています。

ということで、注目のNo.1イケメンはコロンビア代表の10番ハメス・ロドリゲス選手になりました。

あなたならどの選手をNo.1に選びますか?

さて、選手にも注目が集まりますが、監督も気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ロシアワールドカップ(W杯)2018のイケメン監督と審判は?

画像出典:http://www.footmercato.net/
エルベ・ルナール監督(モロッコ代表)

現在49歳のフランス人。ワールドカップでの指揮は今回が初。

ザンビア代表とコートジボワール代表を率いて、それぞれアフリカ王者に輝いたこともあるほどの実績を持っています。

実は4月下旬にハリルホジッチ氏の後任候補に挙がっていました。
もしかしたら、次の日本代表の監督になるかもしれませんね。


さらに選手や監督以外にも
もしかして、日本対コロンビア戦を観て、
「おっイケメン」
って思った方がいらっしゃったのではないでしょうか?

こちらの方です。


画像出典:http://www.marca.com/en/

日本戦で主審を務めていたダミル・スコミナさん。

スロベニア出身の41歳。2003年に国際審判となりました。
北京五輪や欧州選手権などでも主審を務めた実績を持っています。
ワールドカップでは日本対コロンビア戦が初めて主審を務めましたが、審判としての評価は非常に高いようです。

フジテレビアナウンサーの山崎夕貴さんも

「カードを出すときの毅然とした表情!私もう目を奪われてしまいました!」

と語っていたほど。
出展:https://www.excite.co.jp/


それがこのシーンですね。

画像出典:https://www.dailysabah.com/



ロシアワールドカップのイケメン選手をご紹介しましたが、トップ3のハメス・ロドリゲス、アントワーヌ・グリエーズマン、クリスチャーノ・ロナウドなどが所属しているプレミアリーグ(イングランド)、ブンデスリーガ(ドイツ)、ラ・リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア)、リーグアン(フランス)の5大欧州リーグの全試合のライブ中継が観られるのはDAZN(ダ・ゾーン)だけです。しかもDAZN(ダ・ゾーン)はJリーグ(J1,J2,J3)全試合ライブ中継と見逃し配信視聴ができます。

DAZN(ダゾーン)は残念ながらロシアワールドカップは配信しません。
でもロシアワールドカップで活躍の選手たちのプレーをDAZN(ダゾーン)で堪能しましょう!

今なら1ヶ月トライアル視聴が無料です。ただいつ1ヶ月トライアル視聴が終了するかわかりません。ですので、サッカーファンならコチラのDAZN公式サイトから無料登録後サッカーをご堪能ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した以外にもたくさんのイケメン選手が出場しているので、お気に入りの選手、監督、審判を探してみてくださいね。

それもワールドカップを楽しむ醍醐味の一つですよね。


最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

関連記事

    None Found

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする