ふたご座流星群 2017の天気とピーク(時間と方角)は?関東の穴場スポットはココ!

12月13日から12月14日の未明にかけて、2017年のふたご座流星群のピークのようですね。

冬の天体ショーをみて、たまにはロマンチックな気分に浸るのもよろしいのではないですか?

ただ、気になるのは天気ですよね。

ピークの時間の天気はどうなんでしょうか?

2017年のふたご座流星群が見られる方角も合わせてお伝えします。

ついでに、関東地区での2017年ふたご座流星群の穴場スポットもご紹介しますね。

Sponsored Links

ふたご座流星群とは

そもそも「ふたご座流星群ってなに?」
なんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単にお伝えしてきます。

流星群とは、

宇宙空間にある直径1ミリメートルから数 センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて大気と激しく衝突し、高温 になってチリが気化する一方で、大気や気化したチリの成分が光を放つ現象

です。
出典:https://www.nao.ac.jp/astro/basic/

超分かりやすく言うと、流れ星の集団です。

8月の「ペルセウルザ流星群」、1月の「しぶんぎ座流星群」とともに三大流星群のひとつが「ふたご座流星群」です。

毎年ほぼ一定して多くの流星が観測できる流星群で、観測できる流星の数からすると年間最大の流星群が、この「ふたご座流星群」です。

こちらが2014年に観測されたふたご座流星群です。


どれだけ願い事できるんでしょうね。

この際なので、たくさん願い事をしておきましょう!

でも、天気が悪かったり、雲がかかっていたら、
せっかくの流星群なのに、見ることができません。

そこで、2017年のふたご座流星群のピークを迎える12月13日、14日の天気を調べてみました。

ふたご座流星群 2017年の天気は?

ふたご座流星群 2017年の見頃は13日から14日に掛けてですが、その天気はというと、、、

ウェザーニュースによると、13日夜は冬型の気圧配置で、太平洋側はおおむね晴れる見込みです。

ただ、日本海側は雪や雨が止んで雲が残ってしまい、スキマからの流星観測となってしまいそうです。

また四国や近畿は、湿った空気と気圧の谷の接近によって段々雲が広がってくるため、早い時間がオススメのようです。

https://weathernews.jp/s/

Sponsored Links

ふたご座流星群 2017年のピークの時間は?

2017年のふたご座流星群のピークがいつなのかを整理しておきますね。

まず2017年のふたご座流星群の活動ピークは14日15時頃だそうです。


「昼間になんか見えないよ」
って思いますよね。

おっしゃる通り、そんな昼間に活動のピークを迎えられても観ることはできません。

だ、その前後の夜には、晴れていれば空の暗い場所なら最も多いときで1時間に40個以上の流れ星を見ることができます。


だから、2017年は13日から15日未明まで、ふたご座流星群を楽しむことが出来るのです。

で一番観測しやすい時間帯が、14日夜10時から15日明け方です。

先程もお伝えした通り、日本海側は雲が広がりやすいものの、太平洋側は晴れて好条件となりますので、関東にお住まいの方は非常に見やすいと思いますよ。

で、どの方角にみれるかというと、、、

ふたご座流星群 2017年のピークは方角は?

「ふたご座流星群ってどの方角にみれるの?」
と気になりますよね。

ふたご座は、午後7時ごろ北東の空から昇ってきます。

アルファベットのUを右に倒したような星の並びです。

ふたご座の右隣にあるオリオン座があるので、まずはオリオン座を見つけるのが早いですね。

https://naojcamp.nao.ac.jp/

ただ、ふたご座流星群は結論からいうと、どの方角でも見られます。



ふたご座は、時間帯によって見える方角が異なります。


例えば、21時頃だと東の空、深夜になると天頂付近、そして明け方には西の空という感じです。

ふたご座を追っかけなければ見られないのか、というわけでもありません。

放射点と呼ばれる、流星が放射状に飛び出してくる1点は、確かにふたご座の付近です。

でも、ふたご座流星群は、その放射点から四方八方に飛ぶように見えるのが特徴です。

だから、広くて明かりがあまりないところで観測すれば、最高の天体ショーを見ることができます。

ここで、関東にお住まいの方へ、ふたご座流星群の観測オススメスポットをご紹介します。

Sponsored Links

ふたご座流星群 2017年の関東オススメスポットとは?

広くて明かりがないところで、ぐるっと見渡せるところがいいとお伝えいたしました。

なので、公園が最適ってことですね。

小金井公園
石神井公園
夢の島公園
砧公園
あたりがおすすめです。

もっとふたご座流星群を楽しみたい方は、奥多摩まで足を運ぶといいかもしれませんね。

注意点として、寒さ対策はしていってくださいね。

ロマンチックな気分にひたりたいといって、風引いては意味ないですからね。

なので、気温はだいぶ冷え込みますので、防寒対策を忘れずに!

12月13日の夜から14日にかけて最も多くの流星を見ることができますが、17日頃まで、楽しむことができるようです。

坂本九さんの
「見上げてごらん夜の星を」を歌いながらでも、
会社の帰りに夜空を見てみると、流星を見られるかもしれません。

上を向くことっていいことみたいですね。

気分が落ち込むから、下を向くと思われがちですが、実は違うみたいですよ。

下を向くから、気分が落ち込むんだそうです。

確かに、上を向きながら、落ち込めと言われれば、なかなか難しいでよね。



なので、たとえ会社でうまくいかないことがあったり、奥様とケンカしたしりして、
気分が落ち込んでいても、上を向けば、気分は晴れやかになるってことです。

奥さんとケンカして落ち込んでいるのは私ですが、、、

最近、夜空を見てないのであれば、たまには夜空でも眺めてみてはいかがでしょう。

ふたご座流星群があなたのお住まいで見られるといいですね。

あっ、全然関係ありませんが、「見れる」ではなくて、「見られる」が日本語的には正しいですので。

ら抜き言葉に気をつけたいものですね。


日本人なら、正しい日本語を使いたいと思い、思わず調べてしまいました^ ^

最後まで読んでいただき有難うございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする