海原やすよの旦那も病気で現在は?子供はいるの!?クリッピング術とは?

脳の動脈瘤の手術を受けて療養中だった、お笑いコンビ「海原やすよともこ」の妹である海原やすよさんが仕事に復帰したようですね。

また元気な海原やすよともこが見られると思うと、嬉しいです。

海原やすよさんは脳動脈瘤が見つかり手術しましたが、実は旦那の元プロ野球選手の宮本大輔さんもかつて病気を患っていたようですね。

現在は大丈夫なのでしょうか?

さて、ここで問題です。

海原やすよさん夫妻には、子供がいるでしょうか?それともいないでしょうか?

それより、海原やすよさんが受けたクリッピング術という手術はどんな手術なんでしょう?

万が一あなたやあなたの周りの方に脳動脈瘤が見つかった時に慌てないためにも、チェックしておきましょう!

Sponsored Links

海原やすよさんの旦那はかつて難病を患っていた!?

「海原やすよって海原やすよともこの右左どっち?」
って分からない方、いらっしゃいませんか?

海原やすよさんは向かって左の方です。

いわゆる立ち位置も左。

あーややこしいので、テレビでみれば、左にいる方です。

背が小さい方って言ったほうがわかりやすいですね^ ^

姉の海原ともこさんがボケて、妹の海原やすよさんがツッコミをする漫才で私たちを笑わせてくれます。

海原一家(旧姓は梅本)は親子3代で漫才師ってご存知でしたか?

祖父母が、海原お浜・小浜で、
父親は海原かけるさん。

海原かけるさんは、「海原かける・めぐる」というコンビを組んでいて、このめぐるさんは、現在の池乃めだかさんだそうです。

さらに、母親は、マジシャンのワンダーのり子さんみたいですね。

海原やすよともこの姉妹は、お笑い界のサラブレットなんですね。

で、海原やすよさんは、オリックスの投手だった宮本大輔さんと2005年12月に結婚しました。

その旦那の宮本大輔さんですが、2006年2月に左足に違和感を覚え、診察を受けたところ、「黄色靭帯骨化症」と診断されたました。

「黄色靭帯骨化症」とは、靭帯が、骨になってだんだん大きくなってしまい神経を圧迫して、おもに足の麻痺を起こす病気です。

出典:難病情報センター

この「黄色靭帯骨化症」は2万人に1人がかかり、難病に指定されています。


神経を圧迫して下半身に麻痺が残る可能性もあるらしいのですが、12時間にも及ぶ手術をうけて、必死のリハビリがみのり、現役に復帰しました。

海原やすよさんの献身的な介護が復帰させたのでしょう。

ただ、プロ野球選手に復帰しましたが、2009年には戦力外通告を受けて、最終的に引退しました。

で、その後海原やすよの父親である海原かけるさんが営む料理店、
「ちゃんこ鍋dining うなばら」
で修行し、現在はというと、
大阪心斎橋にある
「ダイニングミヤモト」
で店長を務めているようです。

ちなみに「ダイニングミヤモト」はコチラ!
〒 542-0085
大阪府 大阪市中央区 心斎橋筋1-2-2 心斎橋近商ビル4階
TEL 06-6243-6789

海原やすよさんの復帰には、きっと旦那の宮本大輔さんの存在が大きかったのでしょうね。

ステキなご夫婦ですね。


そんな海原やすよさん、宮本大輔さん夫妻に子供はいるのでしょうか?

Sponsored Links

海原やすよさんに子供はいる?それともいない?

正解はと言うと、、、


海原やすよさんには子供はいないようです。

ただ、姉の海原ともこさんには2人の子供がいるようです。

海原ともこさんの旦那って誰かご存じですか?

現在の旦那は、俳優の前田耕陽さんです。

前田耕陽さんは、男闘呼組でキーボードを弾いていた前田耕陽といったほうがわかりますかね。

だた、この前田耕陽さんとは2度目の結婚。

一度目は制作会社のディレクターだった方だそうです。

ちなみに、海原ともこさん、前田耕陽さん夫妻の子供の名前は、
長女が「歌星(かせい)」
長男が「將月(しょうげつ)」
だそうです。

前田耕陽=太陽、海原ともこ(智子)=日と家族全員に天体を表す漢字が入っているそうです。

そんなことより、海原やすよさんが受けたクリッピング術とはどんな手術なんでしょう?

Sponsored Links

海原やすよさんが受けたクリッピング術とは?


そもそも、海原やすよさんの「脳動脈瘤」とは、脳動脈の一部分が膨らみ、その血管壁が弱くなったもののことをいます。

未破裂脳動脈瘤が破裂した場合、「くも膜下出血」をきたす非常に恐ろしい病気です。

出典:脳神経外科医 福島孝徳公式サイト

で、その「脳動脈瘤(どうみゃくりゅう)」という脳の血管にできたこぶが破裂しないようにクリップで挟み、脳動脈瘤破裂を防止する治療法をクリッピング術と呼ぶそうです。

クリッピング術は、脳動脈瘤を根本からクリップで挟み、破裂や出血を止める治療法です。クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対する、GDC(脳動脈瘤塞栓術)と並ぶもうひとつの治療法です。電子顕微鏡を使用し、小さな開頭範囲で手術が可能です。

出典:北斗病院ホームページ


小さな開頭範囲でおこなわれるクリッピング術は、患者に負担の少ない治療法で、その後の入院期間の短縮にもつながる手術だそうです。

あなたやあなたの周りの方に万が一「脳動脈瘤」が見つかっても、慌てる必要は一切ありません。

医師と相談し、クリッピング術をするなど診療を受ければ、心配はないでしょう。

現に、海原やすよさんは仕事復帰を果たしました。

本当に復帰できてよかったですね。

身体に気をつけながら、これからも私たちを楽しませてください。

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする