高畑裕太の名前の由来判明!父親の大谷亮介は役者バカだった!

高畑裕太の“本当の”父親は、

人気ドラマ「相棒」シリーズで三浦刑事を

演じた大谷亮介(おおたにりょうすけ)だったことが

判明しましたよね。


あなたもこの事実はすでにご存知かと思います。


私はこの事実に驚きましたが、

高畑裕太の名前に秘められた謎には

さらに驚かされました。


高畑裕太の名前に秘められた謎とは一体なんなのでしょうか?


この高畑裕太の父親である大谷亮介さんとは

どんな方なのでしょうか?


あなたは気になりませんか?

Sponsored Links

高畑裕太の名前に秘められた謎とは?


大谷亮介さんは所属事務所を通じて

高畑裕太さんは私と高畑淳子さんの息子です


と認めました。

高畑淳子さんは過去に2回、離婚しており、

高畑裕太は2回目に離婚した夫との間の子供と

思われていました。


姉の女優である高畑こと美さんが

2度目の夫の子であることはわかっています。

で、高畑裕太が大谷亮介さんとの子供ということになれば、

2人は異父姉弟ということになります。


高畑裕太は高畑淳子さんが2度目の夫と別居後、

大谷亮介さんとの5年半の事実婚状態になった時に妊娠した子供だそうですね。


不倫の末の子供となると、

少々高畑裕太が気の毒になってしまいます。


さて、高畑裕太の名前に秘められた謎ですが、

この「裕太」になんと父親の名前が隠されていたのです。

よーく、「裕太」という漢字を

ご覧ください。


なんか見えてきませんか?

「裕太」を分解すると『ネ』谷』『大『、』となりますよね。

takahatayuta-namae


「あっ!」

気付いたようですね。

そうなんです。


「裕太」には父親の大谷亮介の

『大谷』が隠れていたのです。


高畑淳子さんが大谷亮介さんのことを忘れないためなのか、

わかりませんが、、、


実は関係者はこのことはすでにご存知ったみたいですね。

大谷さんが吉田日出子の『自由劇場』を飛び出し、

余貴美子らとともに『東京壱組』を設立したのは86年のこと。

その数年後、独身の大谷さんに子供ができましたが、

それが高畑淳子との間の不倫の子なのは、私たちの間では有名な話でした。

その証拠と言ってはなんですが、大谷さんは裕太君の中に“自身”を潜ませた

と劇団関係者は明かしました。

名前に自分の名前を隠すとは、、、

高畑裕太が幼少期には、大谷亮介さんとの交流が

あったということですから

高畑裕太はこの事実もおそらく知っているのでしょうね。


何れにしても、父親が高畑裕太のそばにいれば

このような事件は起こさなかったのではないかと思います。

父親の大谷亮介さんはどういう人だったのでしょうか?

Sponsored Links

高畑裕太の父親大谷亮介さんは役者バカだった!

大谷亮介さんが「相棒」シリーズで三浦刑事を演じていたことは

ご存知かと思います。


他には映画『おくりびと』にも出演されていたようです。

関係者は

テレビでは『相棒』のほかNHK大河『新選組!』

『軍師官兵衛』などにも出てますが、

演劇関係者の間で代表作と言われるのは『大漫才』です。

『東京壱組』は人気、実力ともに抜きんでたスーパー劇団ですが、

それを引っ張ってきたのが大谷さん。

いい意味で“芝居一筋の役者バカ”です


だそうです。


役者としてこれほどの褒め言葉はないですよね。

そんな大谷亮介さんは9月1日から

東京芸術劇場シアターウエストで行われる

「八百屋のお告げ」

に出演されます。

終演後に何も語らなかったようですが、

もしかしたら、父親として責任を感じているかもしれません。

高畑淳子さんと連絡をとって

励ましているかも。。。

これを機に復縁、、、

なんてことはないですよね。

失礼いたしました。

Sponsored Links


最後まで読んでいただき有難うございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする