ムッシュかまやつのステージと余命は?肝臓ガンが体調不良の理由と判明!

肝臓ガンを公表し闘病されていたムッシュかまやつさんが2017年3月日、入院先の病院でお亡くなりになりました。

回復されると信じていたのですが、とても残念です。

心よりお悔やみ申し上げます。

※以下はムッシュかまやつさんが肝臓がんを公表された2016年9月に書かれた記事です。


ムッシュかまやつさんが肝臓ガンであることを

公表されました。

気になるのは、現在の症状とステージ、さらには余命です。

もちろん、公表されていません。

私は専門家ではありませんので、

正確なところは正直わかりません。

でも、非常に心配なので、

肝臓ガンの症状から、現在のムッシュかまやつさんの

ステージを推測いたしました。

お時間ある方は最後までご覧ください。


スポンサーリンク



ムッシュかまやつさん 肝臓ガンの現在のステージは?

ムッシュかまやつさんは、5月の検査で肝臓ガンが

発見され、通院治療をされていたようです。

そのせいかと思いますが、

7月7日開催予定だった公演を

「健康上の理由」として延期発表もされていました。

さらに、8月10日に出演予定だった

「ムッシュかまやつ&泉谷しげるトーク&ライブ」

を体調不良で休演すると泉谷しげるさんがブログを通じて、

伝えられていました。

その原因が8月23日に脱水のため緊急搬送されたことによる、

検査入院だと昨日の報道で明らかになり、

もしかしたら、ステージはかなり進行している可能性が高いのでは

とかなり気になっています。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、初期には

自覚症状がほとんどないとされています。

なので、すでに発見した時は進行しているケースが
多く、死亡率がガンの中でも比較的高い恐ろしい病気です。

進行した場合に腹部のしこりや圧迫感、痛み、

おなかが張った感じなどがあるとされます。

がんが破裂すると腹部の激痛や血圧低下を起こすと指摘されています

さて、肝臓ガンのステージ毎の症状は以下の通りです。

【ステージ1・Ⅰ】・・・ガンが単発で、直径2cm未満

:肝臓がん初期で自覚症状を感じないケースが多い。

また「脈管への侵襲は見られない」、「リンパ節や
他の臓器に転移が無い」ことで、早期ガンと判定されます。


【ステージ2・Ⅱ】・・・ガンが2個以上、直径2cm以上、脈管への侵襲は当てはまる。
リンパ節やほかの臓器への転移は認められない。

:人によっては食欲不振、全身倦怠感、肝炎、肝硬変の症状が現れることもある。


【ステージ3・Ⅲ】・・・ガンが2個以上、直径2cm以上、脈管への侵襲は2つ当てはまる。
リンパ転移や他の臓器への転移は認められないが、転移する可能性は高い。

:腹水、黄疸などが強く現れることもある。


【ステージ4A・ⅣA】・・・ガンが2個以上、直径2cm以上、脈管への侵襲全て当てはまる。

または、ステージに関わらず周囲のリンパ節への転移が認められることでいわゆる

《肝臓がん末期》と呼ばれる症状に入ります。

:腹水、黄疸、みぞおちのしこり、背中や腰の痛み、体重減少、貧血など全ての症状が重くなる。


出典:肝臓ガン末期 余命3ヶ月の宣告から克服までの末期ガン闘病記

コチラは、2004年に肝臓ガンの末期ガンで、

余命3ヶ月と宣告され、奇跡的にガンを克服した笹野さんという方が

綴ったブログの中から、引用させて頂きました。


ご本人の1年半に及ぶ闘病記であるコチラのブログは、

体調不良からガン宣告、そして克服までの内容が、

体重の減少、気持ちの変化など非常に事細かく、

書かれており、大変読み応えがあります。

末期ガンを克服出来たのは医学会においても、

前例がないそうです。

笹野さんは、

同じ病を患っている方やそのご家族の『生きる希望』をお伝えできれば幸いです
とブログを書いた目的を記しています。

笹野さんから、多くの方が「生きる希望」

を持ったことでしょう。

私も笹野さんのおかげで肝臓ガンのステージ毎の症状が

理解できました。

改めて感謝いたします。

ムッシュかまやつさんのステージですが、

私はステージ2ではないかと思います。

笹野さんも肝臓ガンが原因ではないようですが、

脱水症状を起こしていましたので、

もしやステージ4の末期ガンでは?

と心配しました。

しかし、入院ではなく通院治療していることから、

ステージ3以上ではないと考えました。

これはステージ3以上ではないでほしい、

という私の願いも込めています。

スポンサーリンク



ムッシュかまやつさんの余命は?

肝臓ガンの5年生存率ですが、


ステージ1 55.9%

ステージ2 41.7%

ステージ3 16.4%

ステージ4 7.1%

出典:「全国がんセンター協議会」(2001年~2003資料)

となっています。

私の勝手な推測が合っていれば、

ムッシュかまやつさんの5年生存率は、

41.7%となります。

怖いのが、たとえステージ1だとしても、

55.9%です。

でも、上述した笹野さんは、

余命3ヶ月と宣告されました。

でも、克服し、今でも元気に暮らしています。

だから、私はムッシュかまやつさんも

ガンを克服してくれると信じています。

ムッシュかまやつさんご本人も

絶対復活するから心配しないでください!それまでいろいろご迷惑おかけします!

とおっしゃっています。

笹野さんが、「生きる希望」を教えてくれました。

ムッシュかまやつさんにも届くと確信しています。

最後に、笹野さんのブログはコチラです。

余命3ヶ月と宣告を受けた時の心情が

読んでいてとても辛かったですが、

ガンを克服した時の喜びはとても感動的でした。

ご本人の努力もあったかと思いますが、

家族の愛情がガンを乗り越えられた理由と

感じました。

ご興味ある方は、ぜひ笹野さんのブログをご覧ください。

肝臓ガン末期 余命3ヶ月の宣告から克服までの末期ガン闘病記

私は涙なしでは見れませんでした。。。

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きまして有難うございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする