三越伊勢丹の閉店リスト一覧と閉店予想店舗はこれだ!低迷理由に唖然!

三越伊勢丹ホールディングスは、

この三越千葉店を2017年の春ごろに閉店することを決定しました。

三越千葉店に続く閉店する店舗はどこなのでしょうか?


いま入っている情報をまとめた

閉店リストをお伝えいたします。

ただ、三越や伊勢丹が閉店とは

寂しいものですが、低迷した理由はなんなのかなと

考えていたら、

「これでは低迷のうえでの閉店は仕方ないね」

と思えるような状況がわかってきました。

スポンサーリンク


三越伊勢丹の閉店リスト一覧と閉店予想店舗はこれだ!

三越千葉店のほかには、

東京の多摩市にある多摩センター三越も

来年春に閉店が決まっています。
他にはどこが閉店になるでしょうか?

現在の情報はコチラです。

時期 店舗名
2017年春 三越千葉店(千葉県)
2017年春 多摩センター三越(東京都)
時期未定(検討中) 伊勢丹松戸店(千葉県)
時期未定(検討中) 伊勢丹相模原店(神奈川県)
時期未定(検討中) 伊勢丹府中店(東京都)

出典:東洋経済オンライン


伊勢丹相模原店といえば、

デパート!夏物語の舞台にもなったところです。

1995年に放送されたドラマで、

高嶋政宏さんと西田ひかるさんらが

出演していました。

当時、神奈川に住んでいた私は、

何度か足を運んだ記憶があります。

「あんな大きい店舗が閉店することになるとは、、、」

当時は夢にも思わなかったですね。

そういえば、イオンモールのなかにあった三越も

いつの間にかなくなっていましたし、

ここ最近、百貨店で買い物をした記憶がないです。

私のような方は多いのではないでしょうか。

千葉店に関しては、数年前から閉店の噂が絶えなかったようです。


百貨店といえば、海外の高級ブランド

というイメージがありますが、

千葉店には、ほぼ皆無の状態だったようですね。


売上高は、現在確認できる2009-2015年度まで、

7期連続で前年割れ。


1991年度のピーク時には507億円あったが、

今やその4分の1となる126億円まで落ちこんでいると言います。


現在は、三越伊勢丹の全百貨店のなかで、

最大の営業赤字を出していたそうですの、

閉店は止む得ないでしょうね。

ただ、この客離れは千葉店に限ったことではありません。


こんな対応をされたら、

そのお店で買おうと思いませんよね。

スポンサーリンク


三越伊勢丹の低迷理由に唖然!

三越伊勢丹は常連客によって支えられていましたが、

ここ最近、常連客が離れていったことが低迷した理由のようです。


毎年、銀座三越でお中元やお歳暮を頼んでいた、

30年以上にわたっての常連客は、

「昨年5月ごろに、婦人雑貨売り場でサイズ違いの靴を持ってくるよう

店員さんにお願いしたのに、何分たっても戻ってこない。

そこで彼女を探すと、中国人と思われるお客さんの対応をしていたんです。

店内には、私のあとに、20人くらいの中国人観光客と思われる一団がやって来たんですが、

ほかにいた2~3人の店員さんも、彼らの対応に追われていた。

さすがに私も苦言を言ったのですが、

『ツアー客の皆さまは、時間に限りがございますので』なんて言われたんです。

“もうここで買い物しない”と誓いました」

また、別の方は、

10年くらいにわたり、婦人雑貨売り場を月に1回ほどのペースで利用しており、

店員の方が私の顔や好みを覚えてくれていた。しかし、昨年くらいから、

顔見知りの店員さんはいなくなり、代わりに日本語も

たどたどしい中国語スタッフばかりになっていた。

以前は、お客とのつながりを大事にしてくれる店だったと思うのですが、

変わってしまった。同じ理由で、三越銀座で買い物をしなくなったという知り合いは、

ほかにもいますよ

だそうです。

出典:日刊サイゾー

三越などの百貨店は、ここ最近

中国からの爆買に支えられていたのは事実です。

でも、それは一過性のものとわかっていたはずです。


確かに、売上だけ考えれば、

中国人観光客を相手にしたほうが

いいのかもしれません。

実際、あなたも御存知の通り、

爆買はすでに終焉を迎えています。

ただ、あまりにも目の前の売上を重視するあまり、

大切な常連客からの信頼を失ってしまったようです。

中国人観光客も来ない

常連客も来ない

となると、今後も厳しい経営が予想されます。

現在、閉店が予想されている店舗は上述したとおりですが、

今後もまだ閉店する店舗が出てきそうです。

日本経済にとっては、寂しい話ですが、

これも時代の流れというものなのでしょうね。

今日の教訓です。

『遠くの中国人より、近くの日本人』

って何をアタリマエのことを私は言っているんでしょうね。

でも、三越伊勢丹はこのアタリマエのことが

できなかったから、客が離れてしまった。

ということで、私たちは

『遠くの親より、近くの嫁』

を大事にしましょうね。

って私に言い聞かせているんですけどね^^

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きまして有難うございました。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする