黒崎愛海の高校判明!フランスブランソンはどこ?現在の最新情報は?

フランスに留学中の黒崎愛海(くろさきなるみ)さん(21歳)が、12月4日から行方不明になっています。


黒崎愛海さんは2016年9月から、筑波大学からフランス東部ブザンソンにあるフランシュ・コンテ大学附属の応用語学センターに留学していましたが、高校はどこだったのでしょうか?


フランスブランソンってどこで、どんな街なのでしょうか?



そして、黒崎愛海さんの最新情報をお届けいたします。



スポンサーリンク


黒崎愛海(くろさきなるみ)の高校判明!

こんな素敵な笑顔の黒崎愛海(くろさきなるみ)さんの連絡が途絶えたのは、12月4日。



筑波大学に通う21歳で、現在フランス・ブザンソンの
フランシュ=コンテ大学の語学センターに留学中の黒崎愛海さん。



4日夜にブザンソン近郊のレストランで夕食をとっていたことが、防犯カメラの映像で確認されています。



それ以降の足取りがつかめていません。



黒崎愛海さんがが持っていた携帯電話の位置情報のデータなどを基に行方を捜索中。


いま黒崎愛海さんはどこにいるのでしょうか?



黒崎愛海さんの高校ですが、Facebookから東京都立国際高校と判明しています。


今年9月から1年間の予定で留学していた黒崎愛海さんは先進国の貧困問題に関心があり、世界の中でも社会保障制度が進んでいるとして、フランスへ留学していたそうです。



未来があり、志の高い黒崎愛海さんが無事でいることを願っています。



そんな黒崎愛海さんが留学していたフランスのブランソンとはどこにあってどんな街なのでしょうか?

スポンサーリンク


黒崎愛海さんが留学していたフランスのブランソンってどこ?

フランスのブランソンはフランス東部、スイスと国境を接する地域にあるフランシュ=コンテ地域圏に位置します。


この地域の主要都市が、ドゥー川中腹に位置するブザンソンでり、文豪ユゴー、思想家プルードンやフーリエの生まれた地として知られています。


分かりやすく言うと、こちらになります。

治安は比較的いい街だそうですが、、、


そして、黒崎愛海さんが留学していたのが
ブランソンにある、フランシュ=コンテ大学の語学センター。



正式名称はCentre de Linguistique Appliquee(応用言語学センター)



こんな立派な学校です。




1958年創設と長い歴史を持っている学校です。



この学校は青山学院大学や関西学院大学をはじめ、日本のいくつかの大学と留学の提携を結んでいるようです。


さて、黒崎愛海さんは現在どこにいるのでしょうか?

スポンサーリンク


黒崎愛海さんの最新情報!

捜査当局は、レストランで最後に一緒に食事をした男性が、黒﨑さんの行方不明に関与したとみて捜査しています。



共同通信によると、男は日本人ではない「20~23歳の外国人」とのこと。



ただ、その男は7日にフランスから出国したことが、空港の監視カメラで確認されたと報じています。


フランスの警察は、すでにフランスから国外に逃亡している、この男の氏名や国籍など身元を特定しているようです。


ですが、何らかの理由で発表していません。


なぜ発表されないのかはいまだ分かっていません。



そして、「男は非常に賢く、病的なところもある。黒崎さんがブザンソンに来る前にSNSを通じて知り合ったようだ」と報じられました。


現地当局は国際手配するため、国際刑事警察機構(インターポール)と連絡をとっているようですが、
捜査は難航している模様です。


そんなことどうでもいいので、早く見つけ出して、黒崎愛海さんを救い出してほしい!


黒崎愛海さんを無事でいることを強く強く強く願っています。



最後まで読んで頂きまして有難うございました。

スポンサーリンク



関連記事