井崎亮(画像) ブログとFacebookは?出身高校はどこ?

南米コロンビアで今月19日に日本人男性が殺害された事件で、
被害者が千葉県船橋市に住む一橋大学の学生、井崎亮さんであることが
わかりました。


井崎亮さんは今年4月から1年間、国際協力の実情を知るために発展途上国を
中心に世界各地を訪問していました。


その足跡がブログとFacebookにあるかな?
一橋大学みたいだけど、出身高校はどこ?
と思って調べてみましたので、井崎亮さんの画像とともにご覧ください。

Sponsored Links

井崎亮さんの事件概要

事件が起きたのは、今月19日、場所はコロンビア中部の都市、メデジン。

日本人男性が銃で撃たれて殺害されたというニュースが入りました。

地元の警察が、パスポートの情報などから、被害者の男性は22歳の井崎亮さんだと明らかにしました。

地元の警察によると、井崎亮さんは食料を買いに出た際に後ろから来た男に携帯電話とタブレット端末を奪われてしまいました。


それを取り返そうと追い掛けたところ、もみ合いとなり、拳銃で2発撃たれたということです。

19日にメデジンに入ったばかりの井崎亮さん。


危険であることを把握されていなかったのでしょうか?
と少々疑問に感じますが、、、

警察は、殺害に関わったのは2人組の男の行方を捜査しており、
まだ捕まっていないそうです。

一日も早く捕まえてほしいものです。

で、なぜ井崎亮さんはコロンビアのメデジンにいたのかというと、
世界一周の旅行をしていたから、だそうです。

その様子が井崎亮さんのブログに綴られていました。

Sponsored Links

井崎亮さんのブログとFacebookは?

井崎亮さんは一橋大社会学部4年生。

一橋大学を、国際協力の実情を知るために発展途上国を中心に世界各地を訪問したいとして、
今年4月から休学し、世界一周の旅行に行っていました。

井崎亮さんのブログによると、出発は今年2月8日。

2月7日のブログには、『出発前からやらかしました。。』というタイトルで
航空チケットを2重に購入したエピソードを上げています。

そして、11月16日にはメキシコの様子をアップし、

「さて、メキシコに思い残すことはもうありません。
次はコロンビアへ!
ついに南米上陸です!楽しみ!」

と書かれていました。

南米に上陸し、夢半ばで潰えてしまい、非常に無念かと思います。

こちが井崎亮さんの画像もアップされているブログです。


http://xxxxx.com

とURLのリンクを貼っていましたが、井崎亮さんのブログにあまりにも心ないコメントが多く、
読者様からもご指摘を受けましたので、削除させていただきました。


私は井崎亮さんが何を遺したかを少しでも知ってもらえればと
URLのリンクを貼っていましたが、心ないコメントを広める手伝いをしてしまっている気がして、
心が痛くなりました。


私の本意と異なりますので、URLのリンクを削除させていただきましたので、ご了承ください。

井崎亮さんのFacebookもありました。


こちらが井崎亮さんのFacebookだと思います。


http://xxxxx.com

とURLを記載していましたが、ブログと同様の理由で、URLのリンクを削除させていただきました。


Facebookではアフリカゾウに乗って、一人前の象使いと言っていました。

大学入学前より、海外志向は強かったようです。

ただ、ブログとFacebookが気になって見ていただいた方に申し訳ないので、
せめて、井崎亮さんの画像だけ、掲載いたします。

井崎亮さんの画像はコチラです!


で、Facebookから井崎亮さんの出身高校が判明しました。

井崎亮さんの出身高校は?

井崎亮さんのFacebookによると、出身高校は
船橋高校のようです。

船橋高校は偏差値70の進学校です。

そして、一橋大学に入学。

経歴だけ見ていても、非常に優秀だったことがわかりますね。

国際協力の実情を知るためにという高い志を持って、休学までして行った世界旅行で
命を落としてしまいました。

一橋大学側も、「前途有為な学生が志半ばにして亡くなったことは痛恨の極みであり、ご家族の皆様に謹んで哀悼の意を表します」とコメントを発表しています。

すでに25カ国以上の世界を経験されてきた井崎亮さんが、
なにゆえ、襲われたときに追いかけてしまったのでしょうか。


確かにタブレットや電子端末は大切ですが、
命のほうがよっぽど大切なはず。

ご家族も心を痛めていることでしょう。

この事件を通して、改めて海外の怖さを痛感しました。

井崎亮さん、心よりお悔やみ申し上げます。

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. A より:

    あなたはブログに書き込まれている心無いコメントの数々を読みましたか?
    リンクを外してください。
    関係者の方々が、悲痛の中あれを目にすることになるのはあまりにも酷です。

    • 5w1hjp より:

      コメントとご指摘有難うございます。 
      ブログのコメントを読み、心が痛くなりました。 
      関係者に対する配慮が足りず申し訳ございませんでした。 
       
      改めて、ご指摘頂いたことに感謝いたします。 
       
      心ないコメントがこれ以上増えないことを願っています。

  2. DK より:

    海外の怖さというよりも、中南米の怖さですね。全部の全部の国が銃強盗の温床ではありません。
    私は旧ソ連の国に住んでいますが、いたって安全です。(日本ほどではないでしょうが。そして、旧ソ連の中にも治安が悪いと言われている地域がありますが。)

    数年前にエクアドルのグアヤキルで新婚旅行中の日本人夫妻が、タクシー運転手の悪巧みに抵抗したところ、撃たれてご主人が命を落とされました。
    南米ではこういった犯罪が非常に目立つのです。私も南米に3週間ほど旅行した時はしきりに背後を気にしながらの旅でした。幸いにも犯罪には遭いませんでしたが。(大地震には遭いましたが)
    しかし、やはり現地で日本人が強盗にあったとかバスジャックにあったといった話は聞きました。

    色々と書いてしまいましたが、最後に井崎さんのご冥福をお祈りします。

    • 5w1hjp より:

      コメント有難うございます。 
      エクアドルではそのような事件があったんですね。 
      日本がいかに平和かであるかを改めて感じました。 
       
      教えていただきまして感謝いたします。