保護された通信とは?Google Chromeでいつから表示?その意味とは?

インターネットを見ていて、最近『保護された通信』
表示されていませんでしょうか?



Google Chromeというブラウザをお使いの方は
一度は見たことがあるかもしれませんね。



保護された通信とは一体どういう意味なのでしょうか?



Google Chromeではいつから表示されているのか、
気になったので、調べてみました。


ただ、筆者は専門家ではありませんので、
詳しいことを知りたい方は、専門家のサイトにてご確認ください。



しかし、私は専門家のサイトを見ましたが、難しいことばかり書いていて、正直チンプンカンプンでした。


なので、私がすこしでも分かりやすく噛み砕いて説明できればと思います。


スポンサーリンク


Google Chromeの保護された通信とは?

インターネットを見るためにはブラウザというのが必要です。




インターネットエクスプローラー(IE)の方や
Google Chrome、Firefoxなどをご利用の方がいらっしゃるかと思います。



Google Chromeをご利用の方のなかに、
最近こんな表示を見たことがありませんか?


hogotsushin

鍵マークが表示されていて、その右側に『保護された通信』と緑色で表示されています。



さらに、アドレスの前がhttps://
と緑色になっています。


Facebookでもこのように表示されます。


hogotsushin-facebook

またAmazonも。

hogotsushin-amazon

でも、ヤフーのトップページには、『保護された通信』とは表示されません。


hogotsushin-yahoo

どんな意味かというと、
「このサイトは保護されている」という
意味です。


「そんなこと分かってる!」
と言われそうですが、もう少し詳しく言うと、
「このサイトはSSL接続されています」という
意味です。



「SSL接続って何?」
と疑問に思いましたか?

スポンサーリンク


SSL接続とは?

SSLとはSecure Sockets Layerのこと。



SSL接続されていると、
ブラウザとサーバー間の通信が暗号化され、第三者による盗聴やなりすまし、改ざんといった行為を防ぐことができます。



万が一、第三者に通信が盗聴されても暗号化されているため、その内容は解読できない仕組みです。



簡単に言うと、「このサイトは安全ですよ」ということです。



実際、保護された通信をクリックすると、このように表示されます。


hogotsushin-google

しかし、保護された通信ではないアドレスのビックリマークをクリックすると、こちらが表示されます。


hogotsushin-yahoo2

超簡単に言うと、安全か安全でないかの違いです。



では、いつから、何の目的で『保護された通信』と表示されるようになったのでしょうか?


スポンサーリンク


Google Chromeでいつから何の目的で『保護された通信』と表示されるようになったのか?

正確にはわかりませんが、2017年になってから、
『保護された通信』と表示されるようになった気がします。



で、なぜ表示されるようになったのかというと、
Google Chromeチームが2016年9月8日(米国時間)に
「Chromium Blog」において、2017年1月のGoogle Chrome 56からパスワードやクレジットカード情報を送信しているHTTPサイトを「安全ではない(Not secure)」と表示すると伝えていたことに関係しています。

出典:https://blog.chromium.org/(ENGLISH)


現在のGoogle Chromeの最新バージョンは55。



筆者もGoogle Chromeの最新バージョンを使用しています。

hogotsushin-chrome

バージョン55でもSSL接続かそうでないかを明確に区別するために、SSL接続されているサイトには
『保護された通信』と表示されるようになったようです。



今後は、「安全ではない(Not secure)」または「保護されていない通信」の表示がされるとの情報です。


それほどまでに、GoogleはSSL接続されたサイトを重要視してくる傾向にあるということです。


個人情報が漏れるなど、社会問題になっています。


なので、Googleとしてセキュリティ強化を図ろうという意図が見えます。


先述した、AmazonやFacebookなどの大手サイトはすでにSSL対応していますが、一般的なウェブサイトはまだまだSSL化が進んでいないのが現状のようです。


たとえば、こんなお役所もまだSSL対応されていません。

hogotsushin-soumusho


hogotsushin-tokyoto

情報を司るお役所がSSL対応されていないのは少々問題かと。


いずれは、SSL対応が基本になると思いますが、、、



私のブログも、今後SSL対応していかないとですね。



ただ、SSL接続されているサイトが絶対に安全かというと、どうやらそうではないようです。


どの分野でも完璧は存在しませんからね。


個人情報を守るのは、個人個人の意識が必要かと思います。


例えば、スマホで撮影した画像だけで、

位置情報(緯度・経度・方角など)
撮影日時
スマホやカメラの機種名
作成者名(設定した場合、著作権情報として表示される)
撮影時の設定(シャッタースピードなど)

が特定されてしまいます。


もともとの設定で位置情報サービスを『オフ』にしておけば大抵は防げます。


そういう知識を知っているか、知らないかで
個人情報漏洩は防げますので、十分に気をつけましょう!



最後まで読んで頂きまして有難うございました。

スポンサーリンク