福田和子の息子は鉄工所経営!?石川能美市和菓子屋どこか判明!

福田和子と聞くと、

「やばいやばい」と思い浮かべる方も

いらしゃるかも知れません。

同僚のホステスを殺し、15年間逃亡したすえに、時効直前に逮捕された

福田和子。


捕まった時の驚きは今も忘れませんが、、、

逮捕後、57歳の時に、

刑務所内で脳梗塞にて亡くなっていましたが、

福田和子に息子がいたことはご存知でしたでしょうか?

その息子は現在鉄工所を経営されているらしいのですが、

どんな生活を送られているのでしょうか?


また福田和子が内縁の妻をしていた和菓子屋が

石川県能美市根上町にありますが、どの店かが

どうやら判明しているようです。


スポンサーリンク



福田和子の息子は鉄工所経営!?


福田和子は愛媛県でホステスをしている時、妬みから同僚の首を絞めたうえに、

山林に埋めます。


それを手伝った夫は逮捕されましたが、福田和子は15年の長い逃亡の旅に

出てしまいました。


その間、各地を転々といたしました。


逮捕寸前、逃げ切ったことも何度もあり、

時効になると思われましたが、

時効になる21日前に逮捕され、

逃亡生活を終えました。


私は知らなかったのですが、

福田和子は息子を愛していたようです。


愛媛に置いてきた息子が気がかりで、

逃亡中でありながら、息子に会いに行き、

逃亡先で一緒に過ごしていた時期もあったそうです。


犯罪者の息子として、後ろめたさがあるかと思いましたが、

ご自身の妻などに、しっかりと

「俺の母親はあの”福田和子”だ。」

と告白をしていたようです。


福田和子の裁判では、息子もその時には母親の釈明に出てて、

泣きながら

「いい母親だ」

「母親とはいい思い出しかない」

と福田和子をかばったそうです。


出所後は、引き取って同居したいと奥さんにも承諾を得ていたようですが、

福田和子は刑務所にて57才で亡くなりました。


福田和子の遺体は息子が引き取り、丁寧な供養をしたそうです。


そんな息子が福田和子にいたことに驚かれた方も

いらっしゃるかもしれませんが、

息子は、現在妻と子供にも恵まれて、

鉄工所を経営しているとの情報です。


子どもにとっては、どんな親でも親!


福田和子の違う一面を垣間見た気がしますが、

その福田和子が逃亡中に、内縁の妻をしていた和菓子屋が

石川県能美市根上町にありました。


「どこの店なの?」
と気になったので、調べてみると、

どこか判明していました。



スポンサーリンク



福田和子の石川能美市和菓子屋どこか判明!


ネット上では、

石川県能美市根上町にある

【松村松栄堂】という和菓子屋だそうです。


この松村松栄堂という和菓子屋は、

地元では評判の老舗の和菓子屋であり、

福田和子が女将として接客をしていた時は

非常に評判が良く売り上げも良かったそうです。


そこに福田和子の息子とともに

暮らしていた時期があったようですが、

なんとあの松井秀喜さんも小さい頃には

よく通っていたそうです。


福田和子が逮捕されたときには、

松井秀喜さんは

「綺麗で明るい人だった」

とコメントしていたことに驚きました。


念の為に、福田和子のプロフィールをご紹介しておきます。


名前:福田和子

生年月日:1948年1月2日

出身地:愛媛県松山市

1966年に松山刑務所事件(窃盗にて服役中)

1982年に殺人

1999年5月31日に逮捕(時効21日前)

没2005年3月10日(享年57才)刑務所内にて。

死因はくも膜下出血


罪を犯したからこそ、

息子や周りの方へ優しく接することにより、

償いをしようとしたのかもしれませんね。



スポンサーリンク



最後まで読んで頂きまして有難うございました。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする