AirDrop iPhoneで見ず知らずの人に名前バレしない3メソッド

iPhoneユーザーへ

あなたの名前、目の前の方にバレてますよ!

「そんなバカな!?」
と思ったかもしれませんが、これは決して大げさなことではありません。

現在、「電車で見ず知らずの女性の名前を知る方法」と題された、はてな匿名ダイアリーの投稿が話題になっています。

iPhoneの「Airdrop 」という機能によりあなたの名前がバレる可能性があります。

悪用されることも考えられますので、名前バレを防ぐ3つの方法をご紹介いたします。

Sponsored Links

「Airdrop」とは?

「AirDropって何?」
と思われた方もなかにはいらっしゃることでしょう。

「AirDrop」とは、Wi-FiやBluetoothをオンにすることでiPhone同士でデータ共有ができるという、iPhoneの標準機能のことです。

つまり、iPhoneには標準にはついている機能のこと。

標準の機能で名前がバレるなんて嫌ですよね。

このAirDropという機能は便利は便利です。

というのも、TEL番号もメールアドレスもLINEアカウントも知らなくても、iPhone同士であれば、写真や動画、連絡先などのあらゆるデータを一瞬で送れるから。

もしいまiPhoneをお持ちの方は、例えばあなたのiPhoneには保存されている写真を一枚選択してください。

すると左下に四角には上矢印のマークがあるかと思います。

メールやLINEに写真を送る時のボタンです。

そのボタンを押すとAirDropがオンになっていると真ん中らへんに、Airdropの欄に、iPhoneユーザーの名前とアイコンが表示されます。

そのアイコンをタップすれば、その方にデータが送れます。

試してみた方パネルがお分かりかもしれませんが、名前が表示されていませんでしたか?

「○○(本名)のiPhone」のように。

私は数名の方の名前が表示されていました。

ということは、あなたも知らないうちにあなたの名前が近くの方のiPhoneユーザーのAirDropに表示されているということです。


これにより、見ず知らずの人に本名を知られてしまう可能性があるわけです。

さらにいうと、悪用されてしまったりすることも考えられ、そう考えるとかなり危険です。

「えっ、じゃーどうすればいいの?」
と焦る必要は一切ありません。


iPhoneの「AirDrop」で名前がバレない方法は3つあります。

Sponsored Links

iPhoneの「AirDrop」で名前がバレない3つの方法!

方法1)「AirDrop」の受信設定を変更もしくはオフにする

iPhoneのホーム画面のホームボタンぐらいから上にシュッと指をスライドさせてください。

するとコントロールセンターというパネルが開きます。


計算機やライトをつけるときに使う方もいらっしゃるかと思います。

真ん中らへんに「AirDrop」のボタンがあります。

その「AirDrop」のボタンを押すと受信設定を変更できます。

【受信しない】
【連絡先のみ】
【すべての人】

の3つを選択できるようになっているかと思います。

普段「AirDrop」機能を使わない人は【受信しない】か【連絡先のみ】にしておくのがいいでしょう。

方法2)iPhoneのデバイス名を変更する

表示されても、支障のない名前に変更しておくのも有効です。

iPhone標準の設定アプリを起動し、【一般】を押します。

そのあと【情報】を押した後に【名前】を押すと、あなたのiPhoneのデバイス名を変更できます。

「AirDrop」機能を使う際、変更したデバイス名が相手に表示されます。

なので、ここを変更しておけば、たとえAirDropに表示されても、あなたの本名はバレません。

方法3)iPhoneをやめて他のスマホに替える

「AirDrop」はiPhoneの標準機能です。


ということは、iPhoneでなければ、「AirDrop」であなたの名前はバレません。

ただ、この「AirDrop」以外に他の方法でも名前がバレるケースがあります。

便利になった分、危険も増えていることを認識して、自ら守る対策を講じる必要があるということですね。

まずは悪用される前に、iPhoneユーザーの方は上の3つの方法で名前がバレないように気をつけましょう!

最後まで読んでいただきまして、有難うございました。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする