ONE OK ROCK We areの歌詞と和訳!NHKサッカーテーマソングの意味は?

ONE OK ROCK(ワンオクロック)のニューアルバムが1月11日に発売されます。

そのなかに収録されているのが
『We are』


NHKのサッカー中継のテーマソングにもなっているこの曲の歌詞と和訳をご紹介いたします。


またONE OK ROCKがこの曲に込めた意味を勝手ながら考えてみました。

Sponsored Links

ONE OK ROCK(ワンオクロック) We areの歌詞と和訳!

ご存知ない方に簡単にご説明すると、
ONE OK ROCK(ワンオクロック)は
ボーカル Taka
ギター Toru
ベース Ryota
ドラム Tomoya
の4人で構成されている日本のロックバンドです。


海外でも絶大な人気を誇り、いまや日本を代表するロックバンドです。


昨年は11万人を2日間で動員するライブを静岡の渚園で行いました。


そんなモンスターバンドが、NHKのサッカーテーマソングを歌うことになりました。


曲目は、『We are』

『We are』の公式MVが昨日公開されました。


まだお聴きになられていない方も
すでに聴いた方も、まずはコチラをご覧ください。


このMVは全編海外で撮影が行われたそうです。

「英語の歌詞ってなんて言っているの?」

と思った方もいらっしゃると思いますので、

歌詞を書き起こししてみました。

また「どういう意味?」って方もいらっしゃるかもしれませんので、

和訳もしてみました。

それでは、こちらが歌詞です。

(we are…we are…we are…)

They think that we’re no one

We’re nothing,not sorry

They push us

It’s too late,it’s too late Not going back

夢は終わり 目を覚ます時

絶望や希望も 同時に目を覚ました

鏡に映った 僕が問いかける

自分を誤魔化し 生きることに意味はあるか

When you’re standing on the edge

So young and hopeless

Got demons in your head

We are, we are

No ground beneath your feet Now here to hold you

‘Cause we are, we are

The colors in the dark

酷(ひど)く痛む 鼓動は早く

遠のく景色を この手で掴もうとした

They are the weakest

They don’t even know

Anything they say

Will never break our hearts of gold

When you’re standing on the edge

So young and hopeless

Got demons in your heard

We are, we are


No ground beneath your feet No here to hold you

‘Cause we are, we are

The colors in the dark

Never tell yourself

You should be someone else

Stand up tall and say I’m not afraid,I’m not afraid

So never tell yourself

You should be someone else

Stand up tall and say I’m not afraid

When you’re standing on the edge

So young and hopeless

Got demons in your head

We are, we are


No ground beneath your feet Now here to hold you

‘Cause we are, we are

The colors in the dark


和訳はこちら。

(僕たちは、僕たちは、僕たちは)

僕たちを見下してるんだ

何を言われようと 僕らは屈しない

煽り続けられ

僕らはもう引き返すことは出来ない


夢は終わり 目を覚ます時

絶望や希望も 同時に目を覚ました

鏡に映った 僕が問いかける

自分を誤魔化し 生きることに意味はあるか

崖っ淵に立たされ

全てのことに嫌気がさし不安を感じても

それは若さゆえもたらす絶望感

みんなそうさ! みんなそうさ!

君の足元に地はなくとも大丈夫!

僕たちは 僕たちは

暗闇の中の色(ひかり)だから


酷(ひど)く痛む 鼓動は早く

遠のく景色を この手で掴もうとした

あいつらこそが弱者だ

なにもわからないくせに

誰がなんて言おうと

僕らの汚れのない心は壊せやしない

崖っ淵に立たされ

全ての事に嫌気がさし不安を感じても

それは若さゆえもたらす絶望感

みんなそうさ! みんなそうさ!

君の足元に地はなくとも大丈夫

僕たちは 僕たちは

暗闇の中の色(ひかり)だから

君は君だから

他の誰かになりたいだなんて思わないで

誇りをもってもう怖くないって言おう

君は君だから

他の誰かになりたいだなんて思わないで

誇りをもってもう怖くないって言おう


崖っ淵に立たされ

全ての事に嫌気がさし不安を感じても

それは若さゆえもたらす絶望感

みんなそうさ! みんなそうさ!

君の足元に地はなくとも大丈夫

僕たちは 僕たちは

暗闇の中の色(ひかり)だから

崖っ淵に立たされ

全ての事に嫌気がさし不安を感じても

それは若さゆえもたらす絶望感

みんなそうさ! みんなそうさ!

君の足元に地はなくとも大丈夫

僕たちは 僕たちは

暗闇の中の色(ひかり)だから

この歌詞と和訳は、1月10日にNHKで放送された

『ONE OK ROCK 18祭(フェス)』の映像をもとにしています。

Sponsored Links

ONE OK ROCK(ワンオクロック) We areの歌詞の意味は?

ご存じの方も多いかもしれませんが、この曲は
ONE OK ROCKと共にステージを作る日本全国の18歳世代を動画で募集し、

ONE OK ROCKがその応募作から熱い想いを受けて制作されました。


この企画は、『ONE OK ROCK 18祭(フェス)』として、昨年11月に行われました。


『ONE OK ROCK 18祭(フェス)』では、選ばれた1000人の18歳世代がONE OK ROCKとともに、大合唱。


NHKで放送された『ONE OK ROCK 18祭(フェス)』を見て
感動した方も多かったのでは。

選挙権も持ち、子供から大人になろうとしている彼らに向けて作った曲ですので、18歳世代の心には響く内容になっています。


「これからどうなるんだろう?」
「俺は何をしたいんだろう?」
「私が好きなことって何?」


この曲は、そんな悩みを抱えている彼らへのメッセージです。

でも、これは18歳世代だけに向けた曲ではないと思います。

『自分を誤魔化し 生きることに意味はあるか』


この歌詞にグサッと来た大人の方も多いのではないでしょうか?

『ONE OK ROCK 18祭(フェス)』を見た私も、この歌詞が一番印象に残っています。


「自分を誤魔化して生きていませんか?」
「自分を誤魔化して生きるのはやめようよ」
とTakaからのメッセージがこの曲には込められられていると思います。

大人も同じような不安を抱えています。


でも、生活のため、家族のために立ち止まることが出来ないから、

不安を消し去ろうとします。

時には強がったり、時には酒を飲んでわすれようと、します。

だから、18歳が思いっきり、悩みや不安をぶちまけている姿に、

ある意味羨ましさを感じ、さらに私が18歳の頃に持っていなかったパワーを感じました。

「若者に負けてられないな」
とも思いましたね。


というのも、演奏終えたボーカルのTakaはこんなこと言ってましたね。

「(18歳から)10年経っちゃったけど、同じパッションでずっとやっていこうと思ってるので、皆さんも負けないようにその情熱とかパッションを忘れずに突き進んでください」

「私は、あなたもパッションを持って生きないと、18歳の若者に負けるよ」
というメッセージのように聞こえました。

だから、この『We are』には
不安なんて誰でも抱えているんだから、素直に生きようよ

そして、

決して、ひとりじゃなく、たくさんの仲間がいるから、Positiveに、Aggressiveに、Activeに悩んでないで行動しようよ

という2つの意味があるんじゃないかな、
と勝手に解釈しました。


歌にはそれぞれの受け止め方があるかと思います。

あなたはこの『We are』からどんなメッセージを受け取りますか?

2017年1月1日からNHKのサッカー中継のテーマソングとして起用されていますので、

今年何度か聴くことがあると思います。

あなた自身で、この曲のメッセージを考てみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする