小林麻央 余命最新内容と真の意味は?市川海老蔵のあの言葉は無神経か?

小林麻央さんの余命が3ヶ月とか、1月で危ないという方がいますが、

そもそも「余命」という言葉の意味を勘違いしていませんでしょうか?


正直私は間違って理解していました。


もしかしたら、あなたも誤解していないかな、、、
と思ったので、改めて「余命」という言葉の真の意味を考えてみたいと思います。



そういえば、小林麻央さんの旦那の市川海老蔵さんが
小林麻央さんの余命に関して発言しました。


その発言について、無神経ではないかと、、、?
と言われていますが、あなたはどう思いますか?



ところで、小林麻央さんが全国270万人が感動した映画に出演されていたってご存知でしたか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マリと子犬の物語 スタンダード・エディション [ 船越英一郎 ]

Sponsored Links

小林麻央の「余命」に関して誤解していませんか?

先に確認したいのですが、
「余命」とは何かお分かりでしょうか?



「余命って残りどれだけ生きられるかってことじゃないの?」
って思っている方、いらっしゃいませんか?


というか、私は余命をそのように思っていました。


では、「余命」を辞書で調べてみると、

残りの命。これから先残っている命。
大辞泉(小学館)

これから先に生きられる命。
大辞林(三省堂)

となっています。



「えっ、じゃー間違ってないんじゃないの?」
と思われたかもしれません。



辞書的な意味は、残りの命で間違っていません。



ただ、医学的にはちょっと違うようです。



例えば、余命3ヶ月と宣告されたとしたら、
あと3ヶ月しか生きられないと私は思っていました。



でも、3ヶ月以上生きる場合もあるし、
逆に1ヶ月で亡くなることもあります。



余命とは、『生存期間中央値』のことを指すようです。



「『生存期間中央値』って何?」
って思ったかもしれませんね。

『生存期間中央値』とはmedian survival time(MST)のことです。簡単に説明しますと,もし再発し,手術ができない胃がん101人の患者さんがある治療を受けたとします。この患者さんが実際にこの治療によりどのくらい生きることができたかについて,期間が短い方から長い方まで順にならんだ時,ちょうど真ん中の51人目の方の生きられた期間が中央値になります。

出典:http://minds.jcqhc.or.jp/



図で説明したほうがわかりやすいですよね。

kobayashimao-yomei

画像引用:Minds(マインズ)ガイドラインセンター

例えば100人の患者さんがいたら、50人目が亡くなった時点が生存期間中央値ということになります。

上図の場合は3年ということになります。


なので、余命3年というのは、3年しか生きられないという意味ではありません。


すでにご存じの方ももちろんいらっしゃったかと思いますが、
もし私のように余命に関して思い違いをされていたら、
正しい意味を記憶にとどめておいてくださいね。

さて、小林麻央さんの最新の余命はどのくらいなのでしょうか?

Sponsored Links

小林麻央さんの最新の余命は?

その前に乳ガンステージ4の余命に関してですが、
5年生存率が約40%と言われています。



さらに10年生存率に関しては、約25%という統計があります。



こちらの日本乳癌学会が発表した統計によると、
約25.49%です。

kobayashimao-yomei10nenseizonritsu

画像引用:http://www.tbs.co.jp



ただし、この数値は病院や医師などによって変わってきます。

なので、あくまでも目安としてお考えください。



この生存率も割合です。



つまり、ガンの治療を始めてから5年後生存している人の割合を示しているのが、
5年生存率であり、
10年後生存している人の割合を示しているのが
10年生存率です。



なので、再発する・しない、完治する・しないに関係ありません。



さらにいうと、5年後に必ずガンでなくなっているとも限りません。



あくまでも平均値だということをここでもお伝えしておきます。



5年生存率に関しては、こちらのサイトが実際の医師の監修で、非常に分かりやすくまとめられています。



お時間があればコチラをご覧ください。

小林麻央さんに話を戻すと、乳ガンのステージ4の5年生存率は、先程もお伝えしたとおり、約40%です。



ということは、100人の乳ガンステージ4の患者がいれば、
40人は5年生存するということを表しています。



小林麻央さんは、2014年10月の生検(生体検査)で
乳ガンが発覚しました。

その時点では転移は脇のリンパ節のみでしたが、その後、肺や骨などに転移していることをブログKOKOROで公表しています。



しかも、小林麻央さんは、その告知を受ける1年半前から体調不良があったことも明かしています。

癌の告知を受けて、
それを受け入れたとき、
ほっとした自分もいた。

その1年半の間は
とにかく身体が怠くて怠くて
1日1日が精一杯だったのだ。

出典:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/



ですが、小林麻央さんのガン治療は2014年10月から開始しています。



肺や骨などに転移していることを明らかにしているので、
すでにステージ4だったということが分かっています。


ということは、単純に考えて、小林麻央さんががん治療から5年後、

つまり2019年まで生存できる可能性は40%ということになります。



では、余命があと2年なのか、
ということにはならないことは先述したとおり。


結論を言うと、小林麻央さんの余命は分かりません


医師は経験上、ある程度予想はできるかもしれませんが、
正確に計れるものではないのが命だからです。


そして、小林麻央さんの命は、おそらく医師の予想を遥かに超えていることでしょう。


というのも、そばにいる旦那の市川海老蔵さんが
こんな発言をしました。


ただその発言に関して、波紋を呼んでいますが、、、

Sponsored Links

小林麻央さんの旦那市川海老蔵さんの「あの言葉」は無神経か?

1月9日に放送された、「市川海老蔵に、ござりまする。」(日本テレビ系)で

市川海老蔵さんはこのように語っていました。

(一昨年10月に)早かったら3、4、5月で、今だからいうけど今年の夏は絶対無理だと思った

この言葉が家族の発言としては、少々無神経ではないかと、、、?
という意見もあります。

私はそうは思っていません。



実際、市川海老蔵さんは昨年夏に、「すごいことが起こってる」とも語っていました。


おそらく、医師からこの夏はもたないというような宣告を受けていたのだと思います。


つまり、一昨年の10月の時点で余命宣告をされていたのではないかと見ています。


私はこの言葉が小林麻央さんのそばにいる市川海老蔵さんの本音だと思います。



家族にしか分からない苦闘があり、
それを乗り越えることができたから言えた言葉のような気がします。



というのも、一昨年10月というと2015年10月。


その頃には、市川海老蔵さんと小林麻央さんの長男である勧玄君が初お目見得を迎えていました。


1月9日のテレビでは、勧玄君の初お目見得で

堀越勧玄でござりまする

と舞台で堂々と言った勧玄君を舞台袖で見守っている小林麻央さんの姿が映っていました。



そして、舞台からもどってきた勧玄君を

大きな声だったよ

と言って抱きしめ、唇にチュをしていました。



今考えると、小林麻央さんはそのときにはすでに闘病中だったのです。



そんな様子を微塵にも感じさせず、母として夫して支えていたということを考えると、

胸にジーンときてしまいました。



市川海老蔵さんは歌舞伎の舞台や、勧玄君の初お目見得をこなしている時も、

もしかしたら夏まで持たないと思っていたわけです。



市川海老蔵さんも覚悟を決めていたのかもしれません。



その頃はまだ発表もしていないので、孤独に苦しんでいたのでしょう。



で、6月に記者会見を開き、小林麻央さんの乳ガンを発表しました。



1月9日の映像のなかで、記者会見後(6月29日)に市川海老蔵さんが
「堂々といられる」
と語っていました。


小林麻央さんの乳ガンが発覚した1年半前から誰にも言わず、

隠していたことにが足かせになっていたことを吐露していました。



さらに、

綱渡りみたいに渡ってきて、繋がないようなところをわたってきて、手術できるとは思っていなかった

とも言っていました。



そのことは市川海老蔵さんは2016年10月1日に自らのブログで

今年の春頃は手術など出来る状態ではなかったのです。
(略)

これからが本当の奇跡を、


必ず治る。
必ず治ると
私、

バカだから

本当に思っているんです。

あはは笑

必ず治る。

と言っていました。

出典:http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/



そして、小林麻央さんはブログKOKOROでこのように返しています。

バカみたいに
いつも信じきってくれて
ありがとう。


さらに小林麻央さんはこんなことも綴っています。


まわりの皆は、
ここまでこられたことが
奇跡だと言ってくれますが、
奇跡をここでは使いたくないです。

奇跡はまだ先にあると
信じています。

市川海老蔵さんと小林麻央さんは1つの奇跡を起こしたからこそ、その先にある奇跡を信じています。


なので、私は市川海老蔵さんの言葉に関して、
周りがとやかくいう資格は一切ないと思います。


というより、市川海老蔵さんにしか言えない言葉なのです。


長い文章を最後まで読んで頂きまして有難うございました。

最後に、私も市川海老蔵さんにはちょっとだけ負けますが、
小林麻央さんの病気は必ず治ると信じています。


なぜなら、ステージ4で末期ガンの方でもこれだけの方が

克服しているのですから。

小林麻央 ステージ4でも完治する!末期ガンを克服した5人紹介!
2017年6月22日夜、小林麻央さんは天国に逝ってしまいました。 ステージ4でも完治すると信じていましたが、とても悲しいです。 心よりお...

有難うございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ななし より:

    周りがとやかく言う資格がない、海老蔵さんにしか
    言えない言葉…に激しく同意です。
    経験者ならそのように言います。おかしな発言でも
    なんでもないです。

    海老蔵さんと麻央ちゃんの日々の頑張りに敬意を
    表すと同時に、お二人とたくさんの我慢をしているであろうお子さまたちの為に
    麻央ちゃんの復活を心から願って止みません。

    願って…というよりは
    完全復活を信じています!

    • 5w1hjp より:

      ご訪問&コメント有難うございます。 
      同意いただき嬉しいです。 
       
      子供たちのために小林麻央さんは生きなければいけないです。 
      おっしゃる通り、願うというより 
      私たちが出来ることは完全復活を信じるのみですね。 
      これからも一緒に麻央さんの完全復活を信じましょう! 
       
      またよろしければお立ち寄りください。 
      有難うございました。