マストドン(Mastodon) 新SNSの登録は?ツイッターとの3つの違い

マストドン(Mastodon)って何かご存知ですか?



「マストドン(Mastodon)って何?」
っていまは思っているかもしれませんが、
ツイッターに代わるSNSとして
今後急速に普及するかも
しれません。



早速どうすれば登録できるか調べてみました。


で、「マストドン(Mastodon)は
ツイッターとどう違うの?」
と疑問に思っているかたも
いらっしゃることでしょう。



マストドン(Mastodon)とツイッターの違いは大きく3つあるようです。


果たしてどんな違いがあるのでしょうか?

Sponsored Links

マストドン(Mastodon) 新SNSの登録方法は?

私自身
「マストドン(Mastodon)って何?」
と思って
「マストドンとは」
と検索するとなんと
いきなりヒットしたのが
像の画像!



「なんで?」
と思いきや
マストドンとは
化石ゾウの一種みたいですね。



で、
「なんでこれがポストツイッター候補の
マストドンなの?」
と思っていると、
マスコットキャラクターが、
化石ゾウのマストドン(Mastodon)
のようです。


マストドン(Mastodon)は
ドイツ在住のEugen Rochkoという
24歳の若者によって作られた
新しいSNS(ソーシャルネットワークサービス) です。


いわゆる、FacebookとかLINEと同じ類。


昔はmixiもありましたね。



Eugen Rochkoは、
マストドンという
アメリカの人気バンド名から
名前を取ったとも言われています。



さて、ポストツイッターの
有力候補であるマストドン(Mastodon)の
登録方法ですが、
まずはコチラをご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://mstdn.jp/about


ドイツのサービスですが、
日本サーバーを立ち上げてくれた有り難い方が
いらっしゃり、
一気に日本人ユーザーが増えたようです。


なので、私のように英語ができなくても
登録できますので、
まずは気になる方は
登録してみてください。


インスタンスのトップページで
ユーザー名
メールアドレス
パスワード
を設定。



その後メールで届いた確認用URLをクリックすると登録完了となります。




でも、
「どんなSNSなの?
ツイッターとどう違うのかわからないのに
登録なんてできないよ」
って思ったかたもなかには
いらっしゃるかと。



なので、ツイッターとの違いを
お伝えいたしますね。

Sponsored Links

マストドン(Mastodon)はツイッターとの3つの違い

ポストツイッターとして
話題のマストドン(Mastodon)ですが、
一番きになるところが
「ツイッターとどう違うの?」
というところかと思います。




大きく分けてツイッターとの違いは3つあります。



マストドン(Mastodon)とツイッターとの違い その1)

ツイッターは140文字までの投稿が可能です。


一方、マストドン(Mastodon)は500文字まで投稿が可能なのです。


500文字というと、結構な文章が打てますよね。



「140文字じゃ物足りない」
って方にはいいかもしれません。



マストドン(Mastodon)とツイッターとの違い その2)

公開範囲を設定することができることです。



ツイッターでは、アカウントごとに公開or非公開と設定が可能です。



一方、マストドン(Mastodon)は投稿時に
「Public」(公開)
「Unlisted」(非公開)
「Private」(フォロアーのみ閲覧)
「Direct」(ダイレクトメッセージ)
を選べるようになっています。



ちなみに、「ツイート(つぶやき)」の代わりに、「トゥート(吠える)」で投稿をします。



「この投稿はみんなに公開したいけど、
この投稿は気心が知れた仲間だけにしたいな」
っていうことが可能になるってことですね。



確かにこれはいいかもしれませんね。

Sponsored Links

マストドン(Mastodon)とツイッターとの違い その3)

一つのサイトだけでなく、
複数のサーバーを立ち上げ、
サイトを構築することができることができます。




マストドン(Mastodon)のサイトによると、
「Local」(ローカル)と「Federated」(連邦)の2つのタイムラインがあります。



つまり、自分の所属するインスタンスのつぶやきが「Local」に、
そして、自分の所属するインスタンスと繋がった(連邦の)インスタンスのつぶやきが、「Federated」に表示されるしくみになっています。



分かりやすく言うと、
ツイッターのツイート自体には何の制限もありませんでした。




しかし、マストドン(Mastodon)は制限をかけることの選択肢が増えたと考えください。



ネット上でのコミュニティーが
作りやすくなりそうです。



ただ、まだ日本では開始したばかりで、
ログインしてみると、インスタンスによってはメールサーバがパンクしたり、
登録確認メールが届かない
などの不具合が生じているようですね。
それは始めたばかりなので仕方がありません。



徐々に整備されてくることでしょう。



新しいものが気になる方は
まずは登録だけでもしてみてください。



来年の今頃は、
「えっ、まだツイッターなんかやってるの?
いまはマストドンの時代だよ」
なんてことになってるかもしれません。



あれだけ流行ったmixiが
いまでは周りで使っているかたを
見かけなくなるほどになりました。



今は完全にLINEの時代ですよね。



何でもActiveに動かないと、
マンモスが時代からの消えたように
時代に取り残されてしまいます。



そんなことを警鐘を鳴らすために
Eugen Rochkoはマストドン(Mastodon)と
名付けたのかもしれません。


私たちは時代に取り残されないように、
Activeに生きましょう!



これからマストドン(Mastodon)が
どんな展開を見せるか、
私は注目しておきます。



最後まで読んでいただきまして、
有難うございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする