子どもの日の由来を簡単に保育園児でも分かるように説明するには?

「パパ、こどもの日って何?」
「ねぇねぇママ、3月3日のひな祭りの日はお休みにならないのに、男の子の5月5日だけなんで休みになるの?」

なんて、こどもの日の由来を子供に聞かれたら、きちんと説明できるでしょうか?


大人である私たちがきちんと理解し、保育園児でも分かるよう「子どもの日」と「端午の節句」についてご紹介したいと思います。

Sponsored Links

理解しよう!子どもの日~親編~(こどもの日の由来を簡単に説明するには?)

なぜ、子どもの日は祝日になったのか?

5月5日は、奈良時代から「端午の節句」として男の子の成長を祝う日でした。


1948年、国民の嘆願がキッカケで、国民の祝日法により、5月5日を子どもの日として祝日に制定されました。



ちなみに、祝日法とは振り替え休日や、祝日の定義や趣旨などが細かく記されている法律のことです。


そして、「子どもの日」は、制定後しばらくは端午の節句の名残で、男の子の成長を祝うための祝日として定着していました。


では、なぜ、女の子のお祭り、「桃の節句はお休みにならないのでしょうか?


実は、子どもの日は「端午の節句を子どもの日にしよう」と最初から決まっていたワケではありません。



4月1日や、桃の節句の3月3日も候補に挙がっていたそうです。



ですが、4月1日や3月3日は、まだ気候が不順で、風邪を引いたり、体調を崩す子どもさんが多いかもしれない、という懸念があったそうです。



なので、天候が安定して心地よい気候になる5月が
「子どもの日」として選ばれました。



ちなみに、子どもの日とは「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福を図るとともに、母に感謝する日」と祝日法に定められています。


男の子、女の子、という記述は全くありません。



ですから、「端午の節句は男の子のお祝いをする日」だけれど、「子どもの日」は男女問わず、子ども全てのための祝日と言えます。



むしろ、女の子の日は3月3日とハッキリしていて、女の子だけがお祝いしてもらえます。




けれど、5月5日は「端午の節句」と「子どもの日」と二つのイベントが重なっている日なので、女の子も楽しめます。



3月3日と5月5日、一年に二度も楽しい想いをするのですから、女の子の方がむしろお得かも知れませんね。

Sponsored Links

説明してみよう!子どもの日

お子様(以下、子)

(子)「パパ(ママ)、どうして、子どもの日はお休みになるの?」

(親)「70年くらい前に、5月5日は、子どもが元気に過ごせる気持ちのいい日が
続くから、子どもの日って決まったんだよ」

(子)「子どもの日ってどんなことをするの?」

(親)「子どもが元気に大きく育つように、みんな仲良くしましょうって楽しく過ごすの」

(親)「それから、ママにも、産んでくれてありがとうって言う日なんだよ」



お子様にこどもの日の由来を聞かれたら、こんな風に説明してみてはいかがでしょうか?



理解しよう!端午の節句~親編~

端午の節句は、奈良時代から現代まで続いてきた伝統的な行事です。


「端午の節句」の「端」は、初め、という意味で、「午(ご)」は、「午の日」を差します。


災厄除けに家の軒に菖蒲やヨモギを挿し、また、貴族は冠に菖蒲を飾ったり、菖蒲でくす玉を作ったりしていました。


やがて、江戸時代になり、政治が貴族から武士に移り変わっていくと同時に、武家の間で、菖蒲(しょうぶ)を、軍事を尊ぶ意味の尚武(しょうぶ)と読み始めました。


その頃から「端午の節句」は、厄際払いの行事から、跡取りに生まれた男の子の成長と一族の一族の繁栄を願うする重要な行事へと移り変わって行きました。


そして、「端午の節句」は跡取り息子だけでなく、男の子の成長を喜び、祝う行事として、現代まで引き継がれています。

Sponsored Links

なぜ、鎧や兜を飾るのか?

武家社会では、安全祈願や武功を祈願して神社やお寺にお参りするとき、鎧カブトを身につけて行くしきたりがありました。


また、江戸時代、将軍に後継ぎが産まれると、大名が競ってその後継ぎの若様のために、鎧やカブトを献上したといいます。



神仏に子どもの無事を祈るためと、厄際を寄せ付けないように鎧カブトや太刀を飾る風習ができたようです。



なぜ、こいのぼりを挙げるのか?

鯉のぼりは、「外飾り」と呼ばれるモノで、「我が家に男の子が産まれました。どうぞ、天の神様、末永くお守り下さい」と祈願して挙げられるようになりました。


では、なぜ、「鯉」なのでしょうか?


それは、「鯉」は滝を登りきると、「竜」になる、という故事から来ています。



「今は生まれたばかりなので「鯉」だけれど、この鯉はやがて竜になる子どもです、」という親の願いが込められているのです。



また、鯉のぼりを立てる竿の先にある「矢車」は、天から神様が降りて来る目印になる役割を果たしています。



それから、鯉のぼりの一番上にある五色の吹き流しは、「魔よけ」の意味があります。



説明してみよう!端午の節句

(子)「パパ(ママ)、タンゴのセックってなあに?」

(親)「男の子が元気に、立派に強く育ちますようにって、神様に改めてお願いする日だよ。」

(子)「どうして、5月人形を飾るの?」

(親)「病気とか怪我とかの災難を引き寄せる悪いモノがあなたに近づかないように、強いモノを飾っているのよ。」

(子)「鯉のぼりはどうして飾るの?」

(親)「鯉はね、水の流れの激しい滝をさかのぼると、竜になるの。
今は小さな子どもだけど、いろんなことを乗り越えて、立派な大人になりますようにって
神様にお願いするために、外に鯉のぼりを立てるのよ。」



お子様の質問に答えるときは、手を止めて、笑顔で応えてあげたいですね。



親が何気なく口にした言葉でも、子どもはその時の雰囲気や風景などで、大きくなってもずっと覚えていることもあります。


「パパ(ママ)が教えてくれたこと」として、端午の節句を家族で楽しく過ごした思い出と一緒に、いつか、その子が親になるまでずっと覚えていてくれたたらいいなあ、と思います。

Sponsored Links

こどもの日の由来を簡単に保育園児でも分かるように説明するには?のまとめ

ひな祭りや端午の節句は、ずっと昔から伝えられてきた行事や風習です。


小さなお子様にも、端午の節句や桃の節句の意味が少しでも伝われば、家族からどれほど、自分が大事にされているか、わかるかも知れません。


5月5日は子どもの日。曜日に関わらず、祝日になるので、学校や仕事はお休みになります。



今年の子どもの日、そして、端午の節句は、家族で美味しい物を食べて、仲良く過ごす楽しく過ごしてくださいね。


最後まで読んでいただきまして有難うございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    本文に、1984年に制定とありますが、
    1948年の誤りと思われます。
    30年くらい前ではなく、70年くらい前になりますね。

    • 管理者 より:

      ご訪問&ご指摘を頂きまして有難うございます。  
       
      おっしゃる通り、1948年が正しいですね。 
      大変失礼しました。 
      早速訂正いたしましたので、ご了承ください。  
       
      これからは正しい情報をお伝えするように注意しますので、 
      またお時間ある時にお立ち寄りください。 
      有難うございました!