山本一成の高校は東海高校と判明!?勤務先はどこ?在日韓国人の噂検証!

山本一成さんという
若き天才プログラマーを
ご存知でしょうか?



山本一成さんをご存じなくても、
将棋名人が人工知能(AI)を持った
将棋ソフトに敗れたというニュースは
聞かれたのではないでしょうか?



その将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」
の開発者の1人が
この山本一成さんです。



ついに、
人間は人工知能(AI)に
敵わなくなってきたようです。



その山本一成さんですが、
東京大学工学部
東京大学大学院総合文化研究科広域科学
を卒業されています


で、
「高校はどこ?」
「東海高校という情報があるけど本当?」



「勤務先ってどこなの?」
と疑問に思ったので、
調べてみました。


そして、山本一成さんには
在日韓国人というウワサもあります。



Aggressiveに今回も調べてまいります。

Sponsored Links

山本一成さんの高校は東海高校と判明!?

最強将棋ソフト「PONANZAI(ポナンザ)」
作り出した若き天才プログラマー
山本一成さん。



ご存知ない方も
いらっしゃるかと思いますので、
先に経歴とプロフィールを
ご紹介しますね。

名前:山本 一成(やまもと いっせい)
生年月日:1985年12月19日(現在31歳)
出身地:愛知県犬山市
趣味:DDR(ダンスダンスレボリューション)、将棋



やっぱり趣味は将棋なんですね。



そういえば、
「山本一成さんって将棋は強いの?」
と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
山本一成さんは、高校生の時も将棋大会に出場し、
さらに、大学時代も将棋部に所属していました。


アマチュア5段の実力があるようです。




将棋を始めたキッカケは、
小学生の頃には目の病気を患って、
外で運動できずに家の中で過ごさざるを
得なくなったから、のようです。


さて、高校はというと、
情報通り東海高校で間違いないようです。


コチラは東海高校の同窓会サイトです。



プロ棋士に初金星の将棋ソフト開発者は山本一成氏(高56回)

と書かれていますね。


東海高校の56回生という意味なのでしょう。



ということで、
山本一成さんの出身高校は東海高校です。



山本一成さんは東海高校を卒業し、
東京大学工学部に入学。



その後、東京大学大学院総合文化研究科広域科学で
学んだ後に、就職した会社が、、、

Sponsored Links

山本一成さんの勤務先はどこ?

山本一成さんが東京大学院を卒業後
就職したのが、HEROZ株式会社です。




そこで、
将棋ソフト「PONANZA」の開発を
されています。



コチラがHEROZの会社概要です。



場所は東京の田町にあるようです。




NECや三菱自動車の本社も
田町にありますね。



信じられないことに、
山本一成さんは
大学時代、パソコンが苦手だったそうです。


「嘘でしょう!」
と思いましたが本当のようです。



そのせいで、
大学2年のときには留年しています。



大学の将棋部の部室で時間を過ごすことが多くあり、
「将棋の名人を倒すプログラム(AI)を
作るにはどうすればいいか」
を考えるようになったみたいですね。


苦手なものを苦手なままにしておかず、
なおかつ、それを本当に作っちゃうところがやはり
凡人ではないですね。




山本一成さんが
どうやって人間を越える
人工知能(AI)を作ることができたかというと、、、

に書いてあります。




興味ある方は
ぜひ手にとって読んでみてくださいね。


そんな山本一成さんには在日韓国人の噂があります。



本当なのでしょうか?

Sponsored Links

山本一成さんの在日韓国人の噂検証!

ネット上には、

高校時代、萬一成という名前で出場していた

とあります。



調べてみると、間違いでした。



「じゃー、在日じゃないの?」
ということになりますが、
そうではありません。



萬一成という名前が間違いなだけです。



正しくは、
禹 一成
です。


■個人戦予選ブロック 1~20ブロック

東海高校・禹一成(ウ・イルソン)は高校2年生で
2003年3月に開催された第6回キリンビバレッジカップ
学生将棋選手権に出場

http://www.shogi.or.jp/(すでに削除済み)



禹 一成と山本一成さんが
同一人物である根拠は
探せていません。



ただ、可能性としては
十分に高いと思います。



私としては、
そんなことはどうでもいいです。



在日だろうが、
韓国人だろうが
日本人だろうが
アフリカ人だろうが、
同じ人間です。


そんなことより重要なことは、
山本一成さんという素晴らしい方が
人間を凌駕した人工知能(AI)を
作り出したという事実です。


人間の素晴らしさを
山本一成さんが
証明してくれたわけです。



でも、将棋名人が「PONANZA」に破れたので、
やはり、人間はAIに敵わないのか?



私はそうは思いません。


なぜなら、AI(人工知能)は
人間がいないと生み出されません。



AIのプログラミングをしているのは、
人間です。



また、将棋名人がいたからからこそ、
「PONANZA」は生み出されたわけです。



つまり、
AI(人工知能)が強い
人間が弱い
ということより、
私たち人間は可能性に満ち溢れている
ってことを改めて認識するべきだと
私は思います。



今後、私たち人間の仕事が
AI(人工知能)を持ったロボットに
取って代われると言われています。



たしかに脅威ではありますが、
人間にしか出来ないことも
まだまだあります。


人工知能(AI)の「東ロボくん」が
東大入学を諦めたのは
有名な話です。


数学や世界史など
暗記や蓄積した知識を
必要とする科目は完璧に近いです。


しかい、国語や英語などの
読解力を必要とする科目は、
小学生レベルにも
達しなかったそうです。



これは感情や心理を読み解く力は
人間には敵わないことを
示しています。



詳しいことは
専門家ではないので、
分かりませんが、
個人的には、AI(人工知能)を
脅威と捉えるのではなく、
これからは共存していく必要が
あるのではないかと思っています。


だからこそ、
私たちは人間にしか出来ないことを
いかに伸ばしていくかが
これからの課題になってくるでしょう。


それにしても、
山本一成さんに
こんなステキな嫁さんが
いらっしゃるとは。。。

画像出典:http://special.nikkeibp.co.jp



こうやって愛する嫁さんが
いるから、山本一成さんは
「PONANZA」の開発に専念出来るんでしょうね。




これからの山本一成さんの活躍に期待しながらも、
私たちもPositiveにActiveに
そしてAggressiveに頑張りましょう!


最後まで読んで頂きまして、
有難うございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする