熊倉裕一 現在2017は?所在判明!王ドロボウJING電子書籍を手に入れるには?

『王ドロボウJING』という
伝説の漫画をご存知でしょうか?



その作者熊倉裕一さんが
病気療養中のため
2005年に連載休止になっていました。



行方不明?
死去?
なんて言われていた熊倉裕一さんの
所在が2017年に判明したようです。




それにより、
『王ドロボウJING』が
電子書籍化されるという
嬉しいニュースが飛び込んできました。


『王ドロボウJING』の電子書籍を
手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?

Sponsored Links

熊倉裕一さんが2017年に所在判明!現在はどこで何を?

漫画家熊倉裕一さんは
1994年に『双剣伝』でデビュー


『双剣伝』で
『コミックボンボン』新人賞佳作受賞。




そして、1995年に
代表作となる『王ドロボウJING』を
『コミックボンボン』で連載開始しました。




その後、『月刊マガジンZ』誌上でタイトルを
『KING OF BANDIT JING』に変えて連載開始。


第7巻以降、2005年に無期限休載となっていました。



その理由が病気療養というものでした。



2012年時点で熊倉裕一さんの行方がわからず、
出版社も連絡がつかない状態となっていました。




こんなウワサまで出ていたようです。

Name としあき 15/10/17(土)17:21:09
去年ごろにふたばで実家の酒屋を継いだと聞いた



さらに、こんなウワサまで。

風吹けば名無し[] 投稿日:2013/10/26(土) 01:26:46.02
持病の肝硬変(アルコール多量摂取による)

葬儀は親族で密葬
講談社も参加済



行方不明になっていて
心配された熊倉裕一さんの現在の所在ですが、
漫画家赤松健さんにより、判明したようです。



どこで何をされていたのかは
明らかになっていませんが、
まずご健在だったことを
喜びたいですね。



熊倉裕一さんの所在が判明したことにより、
伝説の漫画『王ドロボウJING』が
電子書籍されるそうです。

Sponsored Links

熊倉裕一さんの『王ドロボウJING』とは?

『王ドロボウJING』は
“王ドロボウ”であるジンとその相棒キールが、
目的のモノを盗むための冒険を描いた物語です。



ジンとキール!?



コナンの黒の組織と
一緒ですね。



他にも
ウォッカ、
シェリー
ベルモット
も登場します。



完全にお酒の種類であり、
コナンとカブりますね。


そんなことはどうでもいいですね。



独特な世界観が評判となり、
人気漫画となり、
日本だけでなく、海外でも高い
評価を受けている作品です。



アニメ化もされ、これからの展開を楽しみに
していたファンの方も多くいらっしゃったことでしょう。



ようやく熊倉裕一さんの所在が
2017年になり、判明したことにより、
前々から計画されていた、
『王ドロボウJING』
の電子書籍化に向けて、
動き出しました。


『王ドロボウJING』の
電子書籍はどうやったら手に入るの?
と疑問に思っている方も
少なくないと思います。

Sponsored Links

熊倉裕一さんの『王ドロボウJING』の電子書籍は?

『王ドロボウJING』は
漫画家の赤松健さんが運営する電子書籍プラットフォーム「マンガ図書館Z」で
配信されていました。



当時のブログで赤松健さんは

「もし熊倉先生からお返事が来さえすれば、『王ドロボウJING』はもうマンガ図書館Zをすっ飛ばして、むしろ出版社から電子化した方が良いでしょう」

と言ってました。


なので、熊倉裕一さんの所在が確認された現在は
「マンガ図書館Z」での配信は停止。


講談社からの電子書籍リリースとなるようです。


現在はまだリリースしていませんが、
今後コチラの講談社のサイトに
最新情報が更新されると思います。



ファの方は随時チェックしておいてください。



それにしても、
熊倉裕一さんは十数年どこで
何をされていたんでしょう?




ご無事だったので、安堵しましたが、、、



私としてはそっちの方が気になります!



最後まで読んで頂きまして
有難うございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする