剛力彩芽は消えたのか?2017年に消えない3つの理由とは?えっ放送事故!?

剛力彩芽さんって最近テレビで見かけませんよね。消えてしまったのでしょうか?

ただ私は2017年には剛力彩芽さんが消えないんじゃないんか、と思っています。それには3つの理由があります。

あと、ご存知でしたか、剛力彩芽さんが過去に放送事故を起こしていたことを。貴重な動画を探してみましたので、気になる方は最後までどうぞご覧ください。

Sponsored Links

剛力彩芽さんは消えたのか?

剛力彩芽さんは2008年2月にファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルとしてデビュー。

2011年には、ドラマ、CMなどで大活躍。日経トレンディが選ぶ「今年の顔」に選ばれています。

しかし2012年以降は徐々に出演機会が減ってきました。

それはなぜか?

剛力彩芽さんが所属していた事務所が大いに関係しているからです。

剛力彩芽さんの所属事務所は、オスカープロモーション

オスカープロモーションといえば、上戸彩さんや米倉涼子さん、武井咲さんら人気女優がいます。また全日本国民的美少女コンテストを主催していることは有名ですよね。

そのオスカープロモーションが第二の上戸彩、米倉涼子として剛力彩芽さんを売り出したかったようです。そのためにゴリ押しでプロモーション戦略をしたと言われています。

しかし、残念ながら実力、人気が伴わなったというのが背景にあるみたいですね。

それでも2015年ぐらいまではオスカープロモーションもゴリ押しは続いて、テレビにも出演していました。

2017年1月にはドラマ『レンタルの恋(TBS)』に主演を務めた剛力彩芽さん。しかし、結果はなんと平均視聴率は1.8%

平均視聴率約5%と深夜ドラマにしては善戦した4月ドラマ『女囚セブン』にも主演されていましたが、こんな声が聞こえているのは確かです。

わかっている人にはわかっているんですね。

ですが、私は剛力彩芽さんは2017年には消えないんじゃないかと思っています。

それはなぜかというと、、、

Sponsored Links

剛力彩芽さんが2017年に消えない3つの理由とは?

まず事務所がオスカープロモーションだから。

ゴリ押しでこのまま押し通すことも可能だからです。ただ、世間をごまかすことはできません。

あとは剛力彩芽さん自身が、演技力を高めて実力をあげていくしかないでしょう。経験もたくさん積んでいますし、チャンスは他の方より格段にあるはず。

それを活かしてもらいたいところです。

剛力彩芽さんが2017年に消えない理由の2つ目は、明石家さんまさんら大御所に気に入られているからです。

剛力彩芽さんは持ち前の明るい性格で大御所である明石家さんまさんとかなり仲がよく、明石家さんまさんからは「彩芽」と下の名前で呼ばれているそうです。

芸能リポーターの井上公造さんも明石家さんまさんが女性を下の名前で呼ぶのは「大竹しのぶさん以来」だと語っています。

明石家さんまさんのお気に入りなので、そう簡単に干されることは出来ないのではと思っています。

少々安易な考えかもしれませんが、、、

実は、剛力彩芽さんを気に入っているのは明石家さんまさんだけではありません。

世界のビートたけしさんも、

「目がスゴい綺麗。キレイな娘だなと思った」といって、いまだに「印象に残っている」と語っています。

出典:https://www.rbbtoday.com/

オスカープロモーションという事務所と明石家さんまさんやビートたけしさんという大物がバックについていれば、消えない可能性は十分にあります。

演技力に関しては、三谷幸喜さんは

剛力さんの最後のシーンは長回しで撮ったんですけど、すばらしかったですよ。

悲しみを顔で表現できる人は他にいないと思っていたんです。

と言っていました。

なので、さらに演技力に磨きをかけて頂ければ消えないのではとも思います。

最後ですが、剛力彩芽さんがポジティブな性格だからです。

「自分の『長所』はどこだと思いますか?」という問いには、「スーパーポジティブなところ」と回答しています。

やはりポジティブな性格だと、ツライことだったり、周りからの冷たい言葉だったり、そんなこと気にしません。

「私は小さいころから母に『彩芽は強い』と言われてきました。母はすごくポジティブな人で、見ていたら『こういう人になりたい』と思うんですね。

とインタビューで答えています。

思い込みって大切ですよね。

これだけポジティブであれば、たとえ消えたと言われても、「きっとよくなる」と考えることが出来、自分が出来ることを精一杯して、さらに努力することができます。

あと、剛力彩芽さんは幼い頃から「モデルになりたい」といっており、小学校4年生の頃芸能事務所に入りました。

2002年に行われた第8回全日本国民的美少女コンテストのオーディションを受けました。しかし結果は2次選考で落選。

でも神様は見放しませんでした。

その会場で、スタッフにスカウトされたんです。

ポジティブな剛力彩芽さんですから、2次選考で落ちても、スカウトされるかも、、、なんて思っていたかもしれませんね。

その後の活躍はご承知のとおりです。

オスカープロモーションのゴリ押しとも言われていますが、スーパーポジティブな剛力彩芽さんですのが、2017年に消えることはないと思っています。

ただ、残念なのは歌ですかね。

過去に歌で放送事故を起こしていたことには驚きました。

Sponsored Links

剛力彩芽さんは過去に放送事故を起こしていた!?

最初にお断りしておきますが、放送事故といっても局部が見えたというかそういう事故ではありません。

さて、2013年7月5日に放送された「ミュージックステーション」で『友達よりも大切な人』を披露した剛力彩芽さん。

率直に言うと、生歌が酷いってことで、まさに放送事故級と当時話題になりました。

さらに口バク疑惑も。。。

最初から音を外していたんですが、サビを歌い出すと、今まで緊張感丸出しのの声が一転、普通の歌声に戻っていました。さらに、口元を見ると、曲と口の開き方がズレているみたいです。

その動画がアップされていたのですが、海外のサイトなので、ここにはアップしません。

もし気になる方は、
剛力彩芽 放送事故 動画とかで検索すれば出てくると思います。

ただ、YouTubeにはこんな動画がありました。

こっちのほうが放送事故級かも。


※削除される可能性がありますので、ご了承ください。

私も娘に、「お願いだから歌わないで!」と言われるぐらいなので、歌はうまくありません。

だから、人のことを言えるような立場ではありませんが、だけど、人前で歌う歌手であればもう少し口バクをうまく、ではなく、上手く歌ってほしいものです。

コチラのほうがコメントにもありますが、本当に剛力彩芽さんより上手いかも(笑)


※削除される可能性がありますので、ご了承ください。

ちなみに、コチラが剛力彩芽さんの「友達よりも大切な人」のPVです。

歌があまり上手でない方は、踊りながら歌うのではなく、歌に集中したほうがいいと思うんですが、、、

本当に歌が上手い方は、踊っていてもジャンプしても音がブレません。

ONE OK ROCK(ワンオク)のTakaの生歌聴いたら、しびれます!

ライブでは跳んだりはねたり、ジャンプしたり(って跳んだりと一緒ですね)、走ったりして歌っていますが、絶対に音を外しません。

そういう方は、構わないんですが、歌があまり上手くない方は歌だけ歌う。

これがいいと思うんですが、いかがでしょうか?

もしくは、歌わない!
ですよね。

だから、剛力彩芽さんは事務所のゴリ押しなんて言われるんでしょうね。

確かに歌はうまくなくても、心に響き、私たちの記憶に残る方はいます。歌が上手いだけが歌手ではないということは分かっています。

だけど、やはり歌手なら、歌手としてやっていいこととやってはいけないことがあります。

剛力彩芽さんが口バクと断定しているわけではありませんが、、、

事務所だって、剛力彩芽さんの歌唱力は分かっていたはず。

わかっているからこそ、そんなことをさせたのか?
と思っちゃいますよね。

今までは視聴者を騙し、それでも許され、それが人気につながっていたかもしれませんが、これからの時代、視聴者を騙すことは百害あって一利なしです。

剛力彩芽さんの放送事故の口バク疑惑の話をしていたら、コチラの岡崎体育さんの歌を思い出して、思わず聴いちゃいました。

そんなことはどうでもいいんですが、剛力彩芽さんはスーパーポジティブです。

いま消えたと思っていても、口バク疑惑が出ても、歌が上手くなくても、「話題になるっていいことよね」とポジティブに考えているかもしれません。

そうであれば、本当に見習いたいものですね。

ですので、2017年には剛力彩芽さんは消えないと思います。

2018年はどうなるでしょうね。

最後になりましたが、コチラが剛力彩芽さんのプロフィールです。

本名:剛力彩芽(ごうりきあやめ)
生年月日:1992年8月27日(現在24歳)
職業:女優、タレント、ファッションモデル、(歌手)
事務所 オスカープロモーション

このまま消えないで残っているかもしれないスーパーポジティブな剛力彩芽さんのこれから活躍ぶりに(?!)に注目しておきましょう!

最後まで読んで頂きまして、有難うございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする