馬場徹(陸王 大橋)はコードブルーにも出てた!?あの人の最後の愛弟子だったとは!

「陸王のあの眼鏡の銀行マンは誰?」と気になった方もなかにはいらっしゃると思います。

銀行マン大橋役を務めているのは馬場徹さん

実は、陸王だけでなく、コードブルーにも出演されていたことをご存知でしょうか?

それと馬場徹さんは、あの方の最後の愛弟子だったなんて・・・

どおりで演技が上手いわけですね。

誰の最後の愛弟子だったかというと、、、

Sponsored Links

馬場徹さんはコードブルーにも出てた!?

人気ドラマ陸王であの憎たらしい銀行マンを演じて話題になっている、馬場徹さんが誰の最後の愛弟子だったかのご紹介の前に、コードブルーにも出演されていたことをご存知でしたでしょうか?

「コードブルー 1stシーズン?」
と思ったのですが、つい2017年夏クールに放送されたコードブルー 3rdシーズンです。

「どこに出てたの?」
とちょっと驚いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

私もコードブルー3は全話ガッツリ見ていたので、全然気づきませんでしたから。

ファンの方には申し訳ないですが、、、

で、馬場徹さんが出ていたコードブルー3は第6話。

馬場徹さんは自らのツイッターで紹介していました。


第6話はどんな内容だったかというと、冷凍倉庫内で煮崩れ事故が発生し、停電があり灰谷先生(成田凌さん)と横峯先生(新木優子さん)が冷凍倉庫に閉じ込められるというものでした。

少しは思い出しましたか?

でも、「どこに馬場徹さんが出ていたの?」
といまだ思い出せない方も多いと思います。

麻酔なしで足を、最初は横峯先生に、次に灰谷先生に切られた被害者を覚えていますでしょうか?

積荷の積み方が悪くて、言い出せず、事故はビビリの自分のせいだから、切らないで放っておいてほしいと訴えていた被害者です。

確か守口さんという役名だったような・・・

最後は、灰谷先生が切らせてほしいとお願いし、切ったことで出血が止まり、命を救われました。

少しは思い出しましたか?

まだ思い出せない方のために、、、




ちょっと見づらいですかね。

ではこちら。こちらはちゃんと馬場徹さんのお顔がはっきり映っています。



ちゃんと『馬場徹』って名前がありますよね。


こちらは削除される可能性もありますが、、、


もし馬場徹さんが出演していたコードブルー3rdシーズンの第6話をもう一度見直したいなら、こちらをご覧ください。私はこちらでもう一度見ちゃいました!

コードブルー3 1話 見逃し配信動画視聴する3つの方法(図解説明あり) 無料と激安マル秘情報
コードブルー3rdが2017年7月17日(月) 21時からスタート。 もしかしたら、 「1話を見逃した!」 「もう一度1話...

馬場徹さんは以前から演技力には定評があったようですね。

なぜなら、あの方の最後の愛弟子だったから。

馬場徹さんが誰の愛弟子だったかというと、、、

Sponsored Links

馬場徹さんはあの方の最後の愛弟子だった!

馬場徹さんが最後の愛弟子と言われているのは、2010年に亡くなった劇作家で演出家のつかこうへいさんです。

小さい頃はサッカー少年だった馬場徹さん。実兄は、元Jリーガー選手の馬場憂太選手です。

どことなく、馬場徹さんと似てますね^^



小学4年の時に大ケガを負い、自宅療養を余儀なくされ、その際に、「学校にもなかなか行けず、やることもなかったので」映画を1日3本、見ることもあったようです。

そのときに「もし自分がスクリーンの中にいたとしたら…」と、俳優を志すようになったそうです。

小学6年の時、劇団ひまわりに入り、演技の仕事を開始。

その後、2006年年、18歳の時、ミュージカル「テニスの王子様」で初舞台。

いわゆるテニミュですね。

この時もメガネだったんですね。とても似合ってますよね。


そして2010年つかこうへいさんのオーディションに臨みました。

しかし手違いですでにオーディションは終わっていたそうです。

そこで諦めないのがさすがは馬場徹さんですよね。

たまたまそこに残っていたつかこうへいさんに直談判し、演技を見てもらったそうです。

しかも過呼吸になりながらも長台詞を読み上げました。


その後、口立てといって台本を見ずに台詞を口頭で伝えていく、つかこうへいさん独自の演出方法で指導され、「じゃ、お前、使ってやるから。稽古入れ」と認められたようです。

出典:https://ent.smt.docomo.ne.jp/


馬場徹さんがつかこうへいさんのオーディションを受けた年の7月につかこうへいさんは亡くなってしまいました。

だから、馬場徹さんはつかこうへいさんの最後の愛弟子と言われているんです。

つかこうへいさんからは、
「お前のことは心配していないから、芝居なんかしないで目の前にいる相手に想いを伝えろ」と言われたそうです。

またこうも言われたようです。

「台詞なんか考えなくていいから、エネルギーを発してみろ」「役者なんて芝居しなくていいんだ」


陸王でも、エネルギーを感じる演技をされていますよね。


馬場徹さんは、『広島に原爆を落とす日』に出演、さらには2011年のつかこうへい追悼公演『新・幕末純情伝』では坂本龍馬役、2013年には『熱海殺人事件 40years’ NEW』で歴代最年少の木村伝兵衛部長刑事役を務めあげました。


ドラマ初出演は、2014年TBS系列『ルーズヴェルト・ゲーム』でした。

この時は、あまりの演技力が評判になり、すでに出番が終わったあとでも、再登板を願う声が相次いだようです。

出典:https://www.daily.co.jp/


こちらも「あーあの萬田か」と思い出した方もいらっしゃるかもしれませんね。この馬場徹さん演じる萬田のスピーチに涙した方も多いのではないですか?

ちなみに、こちらの馬場徹さんが出演されていたルーズヴェルトゲームはコチラで見逃し配信しています。


その後、
MOZU
99.9 -刑事専門弁護士-
スニッファー 嗅覚捜査官
と数々のドラマに出演。

どれも記憶に残る演技をされています。

2018年1月のTBS系列ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASON Ⅱ」に出演も決まっています。

これからますます注目される役者になるでしょうね。

馬場徹さんの名前は覚えておいたほうがいいでしょうね。


そういえば、馬場徹さんの所属事務所ってどこかご存知ですか?あの大御所がいる事務所でした。

Sponsored Links

馬場徹さんの所属事務所は?

馬場徹さんの所属事務所はロータスルーツ(LOTUS ROOTS)です。

名前はあまり聞いたことが無いかと思いますが、所属している俳優がスゴイです。

馬場徹さんを入れて3人しかいないのですが、他の2人が日本を代表する方です。


お一人は、香川照之さん。

池井戸潤さんドラマには欠かせないですよね。

『半沢直樹』では圧倒的な存在感を示してくれました。

そして、もうお一人が倍賞美津子さん。

こちらも大御所ですね。

馬場徹さんは以前、砂岡事務所に所属していましたが、2015年4月にいまのロータス・ルーツに移っています。

将来を期待されている証でしょうね。


最後に馬場徹さんのプロフィールをご紹介しておきます。

名前:馬場徹
生年月日:1988年6月17日(現在29歳)
出身地:東京都
職業;俳優
事務所:ロータルルーツ(LOTUS ROOTS)

陸王での敵役は初めてのことで、芝居の幅が広がったようです。ファンからはばーちょんって呼ばれているんですね。


馬場徹さんがこれからどんな演技を魅せてくれるのか非常に楽しみですね。


最後まで読んでいただきまして有難うございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする