有森也実 独身の3つの理由!父親はどこの住職?現在の悩みはアレ!?

有森也実さんといえば、東京ラブストーリーですが、現在おいくつになられたかご存じですか?

1967年12月10日生まれなので、49歳です。(2017年現在)

「有森也実って結婚してたっけ?」
って思った方もなかにはいらっしゃるかもしれませんが、まだ結婚されておらず、独身です。

信じられませんが、、、

なぜ独身なのでしょう?

それには3つの理由があるとみてます。

それと、有森也実さんの父親が神社の宮司さんという情報ですがどこの住職宮司をされているんでしょう?

49歳になった有森也実さんの現在の悩みがまさかアレだとは、、、

Sponsored Links

有森也実さんの独身の3つの理由

有森也実さんの今までの言動から、いまだに独身の理由が3つあるとみました。

有森也実さんの独身の3つの理由 1つ目

タイミングが合わなかったから

これは結婚にはタイミングが必要です。

経験者の私はよく分かっています。

いうなれば、勢いともいいます。

面白い話をすると、結婚はある力が欠落した時に結婚するみたいです。

結婚は、判断力が欠落した時するものだそうです。

ついでにいうと、離婚もある力が欠落した時に離婚するみたいです。

なんの力かわかりますか?

離婚は、、、
忍耐力の欠落

さらに再婚はというと、もうおわかりですかね?

記憶力の欠落

あながち間違ってはいないですよね。

冗談はこのぐらいにしておいて、、、

有森也実さんの独身の3つの理由 2つ目

恋愛に積極的すぎたから

有名なエピソードとして、

付き合っていた彼氏が骨折で入院したとき、
有森也実さんが毎日のように長文の手紙を送り続けて、
彼氏がストレスによる胃潰瘍にかかってしまったことがあったとか。。。


さらに唇が腫れ上がるまで24時間キスし続けた、とか。
出典:http://news.livedoor.com/

何時間キス出来るか、なんてやったことありますが(^_^;)

24時間はさすがに無理でしょう。

恋愛に積極的というか、ちょっとやりすぎですよね。

男性が重荷に感じちゃって結婚できなかったのかもしれませんね。

有森也実さんの独身の3つの理由 3つ目

結婚にこだわっていないから

2013年、連続ドラマ『配達されたい私たち』のトークショーで記者からなぜ結婚しないのかという直球の質問に対して、有森也実さんはこのように回答しています。

「結婚という形式にとらわれずに、パートナーといられればというところに落ち着いたんです」

元彼が俳優だったというウワサがありますが、現在の彼氏情報はありません。

いまももしかして、パートナーはいらっしゃるのかもしれませんね。

なので、これから結婚するということはなく、独身を貫くような気がします。

ただ、有森也実さんの父親としては、娘の花嫁衣装を一度は見たいはずです。

その父親は神社の住職宮司らしいですが、どこの住職宮司なのでしょう?

Sponsored Links

有森也実さんの父親はどこの宮司?

有森也実さんのお父様が住職宮司を務めるのは、佐賀県鹿島市にある松岡神社です。

700年以上の伝統があるという地域の氏神様です。

「有森也実さんって佐賀出身だったっけ?」
と疑問に思ったかもしれませんが、有森也実さんは神奈川県横浜市出身です。

ではなぜ、父親が佐賀の神社の住職宮司をされているかというと、祖父の家業を継いだため。

この裏には、東京ラブストーリーのような有森也実さんのご両親のラブストーリーがあったようです。気になる方はコチラをご覧ください。

さて、49歳の有森也実さんの現在の悩みがアレだとは。。。

Sponsored Links

有森也実さんの現在の悩みとは?

現在といっても2013年なので、4年前ですが、テレビに出演された有森也実さんは老眼に悩んでいると告白しています。

45歳ですので、老眼に悩まれてもおかしくありませんね。

一応有森也実さんのプロフィールをご紹介しておきます。

名前:有森也実(ありもりなりみ)
生年月日:1967年12月10日(現在49歳)
出身地:神奈川県横浜市
特技:バレエ、ダンス
事務所:スペースクラフト・エンタテインメント

私も最後に告白します。

私は、有森也実さんが好きでした^^

いまも相変わらずキレイですよね。

有森さんのデビューは1984年です。中学3年生の時にファッション雑誌のモデルになり芸能界デビューしたそうです。

1986年に『キネマの天地』で映画デビュー。

第29回ブルーリボン賞新人賞と、第10回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

そして1991年には、『東京ラブストーリー』に出演。

「さとみ」役が可愛かったですよね^^

ただ、当時は鈴木保奈美さんの『リカ』のほうが人気が高かったようです。

なので、「さとみ」は視聴者から嫌われてしまい、有森也実さんの事務所に、視聴者から脅迫状が届いたこともあったそうです。

大河ドラマ『翔ぶが如く』『秀吉』、連続テレビ小説『あすか』『ゲゲゲの女房』などの話題作に多数出演。

5月公開の主演映画「いぬむこいり」では、過激なラブシーンも見られるようです。

「さとみ」ファンとしてはちょっと複雑ですが、、、

これからも頑張ってもらいたいです。

最後まで読んで頂きまして、有難うございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    神社なら「住職」ではなく「宮司」とか言うのではないですか?
    あきらかに間違っていますよ!

    • 管理者 より:

      ご訪問&ご指摘有難うございます! 
      おっしゃるとおり、神社は住職ではなくて、宮司ですね。 
      しかも宮司は神社の代表を指すんですね。勉強になりました。 
      有難うございました。 
       
      誤った情報ではなく正しい情報をお届けできるようにしていきます。 
      お時間があれば、またお立ち寄りください。 
      有難うございました。